第2子の妊活を機に時短勤務で転職!「二人目の壁」に立ち向かうワーママの体験談

                   

第1子を出産したあと、「第2子妊娠のタイミングに迷う」「次の妊娠が思うようにいかない」という声をよく耳にします。

今回は、夫婦共働きで「第2子が欲しいけれど、なかなか授からない」という悩みを持つDさんが、ライフプランに合わせてキャリアを軌道修正することで「二人目の壁」に立ち向かった体験談をご紹介します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

仕事の負担が大きすぎて妊活失敗

Dさんの家庭は、もうすぐ3歳になる長男と夫、Dさんの3人家族。

夫は建築会社勤務で、Dさんは保険会社勤務、夫婦ともに営業職です。夫婦で「そろそろ2人目が欲しいね」と言いながら、かれこれ1年半が経過。

Dさんは仕事と育児の両立でくたくたななか、妊活のタイミング法を頑張ってきたけれど、ここまで長期戦になるとは予想外。

周囲の同世代の友人が第2子を出産してすでに職場復帰をしている様子を見聞きし、気持ちばかりが焦っていました。

そんなとき夫から「仕事を少しセーブして、不妊治療専門の病院で診てもらって、効率的にタイミングを持つなり治療していくという方針にしないか」と提案され、戸惑うDさん。

今まで仕事と育児どちらも全力投球で日々奮闘してきたDさんにとって、
「仕事をセーブしないか」と提案されるのは思いもよらないできごとでした。

妊活の通院と仕事の両立に悩む日々

現職では17時半の定時に上がれることはほぼなく、保育園のお迎えには、延長保育を利用し閉園ギリギリに滑り込んでいる毎日。

初期の妊娠治療(タイミング法)では、毎月5回の通院が必要。現在の勤務状況では通院が困難であることは明らかでした。

現職には時短勤務制度は存在するものの、自分のポジションでの利用は難しそう。「いっそのこと、本格的に妊活するには、退職しか道はないのかも…」
とさえ思うようになりました。

しかし、いざ退職してキャリアをあきらめるか、と考えるとそれも違和感を覚えました。長男の育休中はずっと家にいることにストレスを感じ、育休を繰り上げて復帰を急いだくらい、仕事が好きで社会とつながっていたい気持ちがあったことを思い出しました。

時短勤務で転職をすることを決意

やはりここまで積み上げてきたキャリアを捨てることなく、第2子を妊娠・出産してもこれまで同様に働きたい。そのため、第2子妊娠のために仕事を辞めるという選択肢は除外しました。

そんなとき、保育園の保護者会で、クラスの母親の半数近くが時短勤務をしているという事実を知りました。

話を聞いてみると「我が家の場合は時短勤務じゃないと家庭崩壊。フルタイム就業なんて考えられない!」との声が多かったのです。

「1~2時間勤務時間が短くなっただけで、そんなに毎日の生活が変わるものだろうか?」と半信半疑でしたが、17時に退勤すれば保育園のお迎え前に通院可能なことに気付きました。

問題は、現職では時短勤務を取得することが絶対に無理ということ。そこで、時短勤務可能な勤務先に転職することを考え始めました。

妊活の時間を作るための転職活動

自分で求人を探す時間はとれないため、初めてワーママ専門の転職エージェントに相談しました。対面でも電話でも相談できるとのことだったので、出勤前の30分を使って電話で面談をしてもらうことに。

今回の転職の優先条件について聞かれ、Dさんが提示した条件は以下の通りです。

転職の最優先条件

正社員で時短勤務が可能。17時までの勤務で残業のない社風。

その他の条件

  • 年収:100万程度なら下がってもよい
  • 通勤時間:自宅から1時間圏内業種
  • 職種:今までのキャリアを生かせる職場であれば、こだわらない
  • その他:自分が希望するタイミングでフルタイム勤務も可能

その後いくつか希望に合う企業を紹介され、職務経歴書の添削と面接指導を受けて選考に挑み、Dさんは転職活動を始めて2ヶ月で無事に内定を獲得しました。

年収は現職より少し落ちましたが、条件の範囲内でした。旦那さんもDさんの転職活動に賛成だったため、面接のときは保育園のお迎えを引き受けてくれるなど協力的でした。

なによりDさん自身が転職への意思がブレなかったことが、希望条件での転職成功に結びついた要因でしょう。

現在は不妊治療と仕事を両立中

時短転職してから、第一の目的だった妊活に思い通りに時間がとれて、日々のストレスが激減したというDさん。

さらに嬉しいことに、時短勤務のおかげで長男と触れ合う時間が多く取れるようになったため、長男のことを今まで以上に愛おしく思うようになったとか。

現在Dさんは、新しい勤務先近くの病院で不妊治療を開始しています。 ライフプランとキャリアを同時に見直すきっかけとなった転職事例でした。

妊活と両立しやすい会社に転職したい!

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務が可能な正社員の求人をご紹介しています。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否、フレックスの有無など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。柔軟な働き方が可能な会社で、仕事と妊活を両立させませんか。

妊活中・不妊治療中の女性からも多くの相談が寄せられています。お気軽にご相談ください。

>>関連記事:不妊治療のために転職したい!面接で言う必要はある?会社選びのポイントは?


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者