第2子の妊活を機に時短勤務で転職!「第2子の壁」に立ち向かうワーママの体験談

                   

第1子を出産したあと、「第2子の妊娠のタイミング迷う」「次の妊娠が思うようにいかない」という声をよく耳にします。

今回は、夫婦共働きで「第2子が欲しいけれど、なかなか授からない」というDさんのご家庭の実話をもとに、ライフプランに合わせてキャリアプランを軌道修正することで「第2子の壁」に立ち向かった体験談をご紹介します。

仕事の負担が大きすぎて妊活失敗

Dさんの家庭は、もうすぐ3歳になる長男と夫、Dさんの3人家族。夫は建築会社勤務で、Dさんは保険会社勤務、どちらも営業職です。夫婦で「2人目欲しいね」と言いながら、かれこれ1年半が経過。

Dさんは仕事と育児の両立でくたくたな中、タイミングを図るために頑張ってきたけれど、ここまで長期戦となるとは予想外。周囲の同世代の友人は第2子を出産・職場復帰をしている様子を見聞きし、気持ちばかりが焦っていました。

そんな折、夫から「仕事を少しセーブして、病院で診てもらって、効率的にタイミングをもつなり治療していくという方針にしないか。」と提案され、戸惑うDさん。

今まで、仕事に比重を置いて育児との両立に日々奮闘してきたDさんにとって、
「仕事をセーブしないか」と提案されるとは思いもよらない出来事でした。

■Dさんのワークライフバランス

現職では17時半の定時に上がれることはほぼなく、保育園のお迎えには、延長保育を利用し閉園ギリギリに滑り込んでいる毎日。

初期の妊娠治療(タイミング法)では、毎月5回の通院が必要と聞いていた為、現在の勤務状況で通院するのは困難であることは明らかでした。

現職には時短勤務制度は存在するものの、自分のポジションでの利用は難しそう。「いっそのこと、本格的に妊活するには、退職しか道は無いのかも…。」
とさえ思うようになりました。

しかし、いざ退職してキャリアを諦めるか、と考えるとそれも違和感を感じました。長男の育休中、ずっと家にいる事にストレスを感じ、育休を繰り上げて復帰をした程。仕事が好きで社会とつながっていたい気持ちがあったことを思い出しました。

やはりここまで積み上げてきたキャリアを捨てることなく、第2子を妊娠・出産してもこれまで同様に働きたい。

そのため、第2子妊娠のために仕事を辞めるという選択肢は除外しました。
そんな中、保育園の保護者会にて、クラスの母親の半数近くが時短勤務をしているという事実を知ったのです。

話を聞いてみると、「我が家の場合、時短勤務じゃないと家庭崩壊。フルタイム就業なんて考えられない!」と言います。

「一日数時間、勤務時間が短くなっただけで、そんなに生活が変わるものだろうか?」と半信半疑でしたが、治療のための通院時間を確保できるかもと考え、病院の開院時間を調べてみました。

すると、近年では働きながら不妊治療を行う人が多い為か、夜まで開院している病院が多々あることがわかりました。17時に退勤できれば、通院後に保育園のお迎え(延長保育利用)という見通しがもてそうです。

ただ、問題は現職で時短勤務を取得することはまず無理、という状況。そこで、時短勤務可能な勤務先に転職することを考え始めました。

妊活の時間を作るための転職活動

自分で求人を探す時間はとれないため、はじめて転職エージェントに相談しました。対面でも電話でも相談できるとのことだったので、出勤前の30分を使って電話で面談をしてもらうことに。

その中で、これまでの経歴の詳細と転職の優先条件について尋ねられ、Dさんが提示した条件は以下の通りです。

【転職の条件】

最優先条件

勤務時間:時短勤務が可能(17時までの勤務、残業のない社風)

その他の条件

年収:100万程度なら下がってもよい通勤時間:自宅から1時間圏内業種・職種:今までのキャリアを生かせる職場であれば、こだわらないその他:自分が希望するタイミングでフルタイム勤務も可能その後いくつか希望に沿う企業を紹介され、職務経歴書の添削、面接指導を受けて選考に挑み、転職活動をはじめて2か月で内定を獲得しました。

年収は現職より少し落ちましたが、条件の範囲内でした。旦那さんもDさんの転職活動に賛成だったため、面接の際のお迎え交代など快く引き受けてくれたことや、なによりDさん自身が転職への意思がブレなかったことが、希望条件での転職成功に結びついた要因でしょう。

■その後のDさん

現在、Dさんは新しい勤務先近くの病院で不妊治療を開始しています。

Dさん曰く、「転職してから、第一の目的だった妊活に思い通りに時間がとれて、日々のストレスが激減しました。さらに嬉しいことに、長男と触れ合う時間も多く取れるようになったため、長男のことを今まで以上に愛おしく思うようになりました。これは、想定外の産物でした。笑」


【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)