育休復帰明けに仕事がつらいときの対処法は?異動・子供の病気・仕事がない・疎外感など体験談を紹介

                   
※写真はすべてイメージです

子供の慣らし保育をなんとか終えて、いよいよ職場に復帰。育休から仕事に復帰するときは、不安と楽しみと緊張が入り混じったような複雑な気分になるもの。

ブランクを早く取り戻せるよう頑張るぞ!と張り切っているママもいるのではないでしょうか。

しかし、育休復帰後は仕事も育児もなかなか思ったようにいかず、つらい悩みを抱えてしまうママは少なくありません。育休明けのママは一体どのようなつらい悩みを持っているのでしょうか。

ここでは、育休復帰後にママが抱えるつらい悩みの体験談と、育休復帰明けに仕事がつらいときの対処法を解説します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

同僚からの嫌味が突き刺さる

(東京都 30代 英文事務)
保育園に預け始めてから、子供がしょっちゅう風邪をひいて熱を出すようになりました。同僚の先輩ママには、「初めての集団生活でいろんな菌をもらってくるからね。免疫を積み立てている時期だからしょうがないよ」なんて言ってもらえたのですが、独身同僚の視線はとても冷たかったです。

「子供が病気だって早退して、すぐ休んで。いい身分だよね」と独身の同僚に言われた時は、迷惑をかけているのは事実なので何も言い返せませんでした。私が休むとどうしても仕事のしわ寄せがいってしまうので、恨まれても仕方ない…。すっごく悔しかったけど、一方的にモヤモヤだけがたまっていき、とてもつらかったです。

育休明けに仕事がない!まるで社内ニート

(東京都 30代 Webディレクター)
激務な職場で働いていて、深夜残業は当たり前の雰囲気。育休復帰後も幸い出産前と同じポジションに復帰できたのですが、まわりの過剰な配慮なのか、うまく仕事の割り振りがされていないせいなのか、復帰後ずっと仕事がなくて暇な日々を過ごしていました。

まわりはとても忙しそうなのに、自分には仕事がなく社内ニート状態…。もう自分はこの会社に必要ないような気がして、とてもつらかったです。みんな忙しくて自分の仕事で手いっぱいなため、復帰したての私に仕事を引き継ぐ時間の余裕もなさそうでした。

雑務をぼちぼちこなす日が続いていましたが、復帰後2ヶ月たって上司との面談の際に現状を訴え、新しいプロジェクトが始まるタイミングで仕事任せてもらえることになりました。

>>関連記事:時短勤務になってから仕事がない!?やりがいがなくモチベーション低下に悩むワーママは多い

成長した後輩と自分を比べて落ち込む

(北海道 40代 一般事務)
育児休暇から仕事に復帰した時に、休みに入る前に仕事を教えていた後輩がすごく仕事ができるようになっていました。ふと気づいたら、私のやる仕事がほとんどない状態…。逆に私が彼女に新しい仕事を教えてもらったり、ミスをカバーしてもらったりなどして、情けないやら、つらいやら…。

私がいなくてもこの職場がうまくまわっているなと感じて寂しくなりましたね。その後輩から指示を出されモタモタ仕事をしている自分が、とても恥ずかしくなりました。このままではマミートラックになりそうなので、早く仕事の勘を取り戻してバリバリ貢献できるよう頑張っているところです。

>>関連記事:マミートラックが辛い!抜け出せないときの対策は?ワーママの体験談を紹介

育休明けの異動でてんてこまい

(鳥取県 30代 事務)
育児休暇から仕事復帰したときに一番つらかったのは、それまで最前線で頑張っていた営業の部署から異動させられたことです。まさか育児休暇でこんな事になるとは…。建前は復帰後にすぐに前の仕事はできないからという「配慮」でしたが、かなり理不尽だと思いました。

仕事にやりがいを感じ、これまで一生懸命頑張ってきたのはなんだったんだろうと思い、かなりつらいです。早く元の部署に戻れるよう、つらいけど目の前の仕事をコツコツと頑張っています。

>>関連記事:育休復帰で配置転換を言い渡された!マタハラになる?拒否してもいいの?

育休復帰後、疎外感と肩身の狭さがつらい

(滋賀県 30代 公務員)
子供の体調が悪くなることが頻繁にあり、保育園からたびたびお迎え要請が。そのたびに仕事を中途半端にしてお迎えにいくのが大変でした。

まわりと協力して進める仕事なので、どうしても同僚に迷惑をかけてしまいます。時間の自由がきかなかったり、まわりの目を気にして仕事したりするのがつらく、常にまわりの顔色を伺いながら過ごしていました。

誰かに嫌味を言われたわけではないし、みんな気を使ってくれてありがたかったのですが、逆になんとなく疎外感を感じ、肩身の狭さがつらかったです。ストレスもたまり鬱状態になりかけました。仕事と育児を両立していくうえで、いろいろな困難があるのだと感じましたね。

子供の病気のたびに冷たくされてつらい

(神奈川県 40代 秘書)
育休明けは子供の体調不良などで急に早退したり休んだりしなければならず、そのたびに同じ部署の独身の先輩から冷たい態度を取られるのがつらかったです。

そして私がやろうと思っていた仕事を何も言わずに勝手にやっていて、上司に私からやってほしいと頼まれて処理しましたと嘘をいって自分の手柄にしていました。締め切りまで余裕のある仕事だったし、自分のやりかけた仕事はどんな事情があっても自分で終わらせようと思っていたのでとても悔しかったです。

育休明け仕事内容が変わり補助的な仕事ばかりに

(東京都 30代 医療関係)
自分の職場では育児休暇を取る人が多いため、仕事と育児の両立は全然心配していませんでした。しかしいざ自分が育休から復帰すると、あまりに出産前の居心地とは異なりつらかったです。

自分がやっていた仕事がほぼなくなり、スキルがいらない補助的な仕事ばかりになってしまいました。出産前まではそこそこスキルが必要な仕事をしていたと自分では思うので、また前と同様の仕事をさせてもらえるようになるまでは時間がかかりました。

職場に理解がなく育休明けすぐに退職

(福島県 30代 製造)
育休復帰後は、とにかく子供の病気に悩まされました。上司には「本当に子供の体調が悪かったのか?」と質問され、遅刻が多いとか休みが多いとか責められました。「忙しい時に有休を使うなんてハッキリ言って迷惑なんだよね。これ以上有休使うならここでは使えないよ」とも。

悔しくて私もつい言い返してしまい、そのときは口論に。その後も社内で話し合いの場が持たれましたが、精神的にかなり追い詰められていてつらかったため、最終的に退職してしまいました。育休復帰後の働きやすさは、会社の理解によるなと改めて思いました。

育休中に制度が変わり戸惑った

(山口県 30代 一般事務)
育休中に社内でのセキュリティが厳格化し、社員間のやりとりでも添付ファイルにはすべて自動でパスワードがかかるようになっていました。一通のメールを開けるのにもかなり時間が掛かることに。育休中にたまったメールは膨大で、埋もれたメールからパスワードのお知らせを探すだけでも本当に大変でした。

ほかにも育休中に細かい社内の制度や業務ルールが変わっていたので、毎回戸惑いキャッチアップをしていく必要があります。勤務時間が減り、さらに仕事の効率が落ちるので、育休復帰後は毎日気持ちがあせってつらかったです。

育休明けの仕事で自己評価が下がってつらい

(滋賀県 40代 事務)
1年ぶりに復帰した育休明けの職場は、仲の良かった同僚もみんな辞めていて、上司は変わり、まったく違う景色でした。新入社員のような気持ちになり、日々緊張しました。

仕事は以前と同じことができると思い込んでいましたが、私の業務はすでに引き継がれていて、まったく新しい業務を担当することに。新しい仕事を覚えることに手一杯ななか、環境が変わって気持ちは新入社員、扱いはベテランといった感じがモヤモヤして仕事がやりにくかったです。

1年もブランクがあればわからないことがあるのは仕方ないのですが、それは許されない雰囲気が厳しかったです。なんだか自分は仕事ができない人になってしまったみたいで。自己評価が下がってつらいと思いました。

>>関連記事:育休明け仕事ができない!?育休ボケの予防と対処法は?いつまで続くの?

無理をして心身ともにつらかった

(愛知県 20代 営業)
育休明けはこれまでの仕事を思い出しながら仕事に戻ったのですが、復帰のタイミングで増税をしたため、業務フローがバタバタ変わることに。育休復帰後に仕事と育児を手探りで両立するなか、新しく覚えることが多すぎてかなりの負担でした。

家でも家事や育児の合間に新しい仕事について勉強していたため、睡眠不足になり毎日フラフラでつらかったです。育休復帰後1ヶ月は肉体的にも精神的にもほんとうに限界でした。ブランクがあるぶん頑張らないと!と無理をしていましたが、今思えばいきなりそんなにハイペースで飛ばさなくてもよかったなと思います。

>>関連記事:「疲れた、休みたい…」ワーママが疲れ果てたときの対処法!限界を感じているあなたへ

育休明けモヤモヤすることが多くてつらい

(愛知県 20代 金融関係)
ブランクがあるため、新しく変わった制度などについていけなくて困りました。入社年数は長いのでベテランだと思われ頼りにされている空気はあるものの、新しい制度などについていけない自分に落ち込みました。

子供が体調を崩したときは休みを取らないといけないのですが、上司にあまりいい顔をされず、休みが取りにくいのも困りました。うまく言語化できないのですが、育休明けは常にモヤモヤしていて息が詰まりそうでした。

育休明けに仕事がつらいときの対処法

育休明けにさまざまな理由でつらい悩みを抱えているワーママたち。慣れない仕事と育児の両立で気持ちがいっぱいいっぱいだと、ゆっくり対処法を考える時間もないかもしれません。ひとりで抱え込まず、あせらず冷静に解決してきましょう。

上司と定期的に面談をする

育休復帰の例がこれまでない会社だと、会社や上司が育休復帰後の社員のフォローに慣れていないことがあります。育休復帰後をどのように扱っていいのかわからず、過剰な配慮によって仕事を任せてもらえなくなったり、負担の軽い部署に異動させられたりしてしまう例も少なくありません。これからのどのような働き方をしていきたいのか、上司にはしっかり意思表示しておきましょう。

急な休みにそなえて報告・連絡・相談はまめに

保育園で風邪やインフルエンザが流行し始めたら、前もって子供が休む可能性が大きいことを同僚に伝えておきましょう。いつでも仕事を引き継げるように準備したり、急に休んでも困らないように前倒しで仕事を進めたりするなど、まめに情報共有をするとよいでしょう。

>>関連記事:子供がインフルエンザで仕事を休む場合は何日休む?休めないときはどうする?診断書がいるの?

あせらない・張り切りすぎない

育休のブランクを必死で埋めようと、育休復帰後はつい張り切ってしまいがち。最初はこれまでの業務内容と異なったり、周囲と自分を比べてしまったりと、仕事がスムーズにいかず落ち込むこともあるでしょう。

育休復帰後は肩身の狭さやキャリアダウンを感じることがあるかもしれませんが、あなたのせいではありません。一時的なものだと割り切り「育休復帰後はこんなものだ」という心構えで、長い目でみてペースをつかんでいきましょう。

夫の協力は必要不可欠

育休復帰にあたり、家事や子供の対応について夫婦で話し合っておきましょう。育休中は家事育児の負担がママに偏りがちですが、このままのペースで仕事復帰するとママに無理がきてしまうのは目に見えています。子供の送り迎えや、子供が病気で仕事を休むときの対応について、前もって夫にも協力をお願いしましょう。

育休明け仕事に行きたくないほどつらいときは

育休復帰後は一時的に負荷がかかりやすいので、心身ともにネガティブになりやすいもの。

あせって勢いで転職を決めることはおすすめできませんが、育休明けの会社の理不尽な対応や、ワーママへの理解のなさでつらい思いをしているのであれば、転職を視野に入れるのも解決策のひとつです。

リアルミーキャリア」は時短勤務・正社員に特化した転職エージェント。入社すぐから時短勤務が可能な育児に理解のある会社をご紹介しています。育休復帰後、会社の理解のなさに悩むママの相談も多く受けております。お気軽にご相談ください。

育休明けの復職後に悩むママはあなただけではありません。まわりの目を気にせず、人と比べず、長い目で見たキャリアと子育てのバランスを求めて、あなたらしい仕事のペースを見つけてみてくださいね。

>>関連記事:【体験談】育休復帰は不安がつきもの!育休明けが怖いときの対処法


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者