「疲れた、休みたい…」ワーママが疲れ果てたときの対処法!限界を感じているあなたへ

                   
※写真はすべてイメージです

家でも会社でも休む暇のないワーママ生活は、疲れがたまる一方。仕事、家事、育児にエンドレスで追われる生活に「いつまでこの生活が続くの?」と思うママも多いのではないでしょうか。

ここでは、ワーママはどのようなときに 「疲れた」「休みたい」 と思うのかや、疲れ果てたときの対処法をご紹介します。 もう限界…と感じているのは、あなただけではありませんよ。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

ワーママが疲れた、休みたいと思うのはこんなとき

疲れにも体力的な疲れと精神的な疲れがあります。毎日、仕事、家事、育児をするワーママは心身ともに疲れている人が多くいます。ワーママが特に疲れたと思うのはどのようなときでしょうか。どのようなことに疲れを感じるのでしょうか。

子供が体調不良のとき

子供が幼いうちは子供が熱を出したり、体調をくずしたりすることもたびたび。欠勤したり、お迎えコールで早退したりせざるをえないことも多いですよね。子供の体調が悪いときはママも看病で眠れず、病院の長い待ち時間に体も疲れを感じているはず。

それに加えて、一緒に仕事をする同僚や迷惑を掛けてしまう会社に負い目を感じ、病み上がりにゆっくり休ませてあげられないわが子にも負い目を感じて精神的にも疲れてしまうワーママも多いのではないでしょうか。

>>関連記事:子供がインフルエンザで仕事を休む場合は何日休む?休めないときはどうする?診断書がいるの?

ママ自身が体調不良のとき

ワーママが体力的にかなり限界を感じるのは、自分が体調を崩してしまったとき。体調が悪くても休めないのが母親業。ついつい、自分のことは後回しにしてしまうママも多いかもしれません。

せめて療養のために仕事が休めればとは思いますが、子供の病気や学校の行事に有休を使っているので、これ以上は仕事を休めないママも多いことでしょう。

休めば元気になれそうなのにと思いながら、体調不良で重い体を引きずって仕事、家事、育児をこなすワーママは珍しくないですよね。

仕事と家庭の両立ができないとき

朝はあわただしく家を出て、仕事をし、夕方に子供をお迎えに行き、帰ってくる頃にはぐったり。夜はお風呂と夕飯であっという間に過ぎていく…。

そんな生活をしているワーママも多いのではないでしょうか。最小限の家事しかできず、部屋はちらかったままでほこりっぽい、洗濯物はたたまず放置、夕飯はお惣菜。

せめて子供とは向き合いたいと思っていても、相手をする時間も体力もなくてスマホやテレビを見せてしまう…。子供や夫に罪悪感を持ってしまい精神的に疲れを感じているママもいるのではないでしょうか。

仕事に全力投球できなくてもどかしいとき

仕事が好きで仕事も頑張りたいと張り切って育休から復帰したのに、出産前のように仕事にフルコミットできないことに悩むワーママも少なくありません。

子供がいれば保育園のお迎え時間に間に合わせるために残業はできなくなってしまい、子供の病気や行事で仕事を休まなくてはならないことも。今は仕方がないと割り切っていても、もどかしくてストレスを感じてしまうママいることでしょう。

休日もママは休めないとき

土日、仕事は休みでもママは休みなしの24時間営業。休日でもたまった家事や子供の相手などをしなくてはならず、休日にゆっくり休めるというママは少ないのではないでしょうか。

休みのときくらいは子供とたっぷり遊びたいと思っていても、疲れ切っていて体が付いてこないこともたびたび。連休明けはリフレッシュどころか休めずに疲れでいつもより体が重く感じることも。

家庭でみっちり過ごす連休より仕事をしている平日が楽かも…というのもワーママあるあるですよね。

職場での肩身の狭さやマミートラック

ママだというだけでこれまでやれていた仕事や責任のある仕事をまかせてもらえなかったりして昇給や昇進コースから外されてしまうマミートラック。

子供のことで休むことが増え、残業は出産前のようにはできなくても成果を出せるように頑張っているのに評価してもらえないことに悔しさを感じるママも多いのではないでしょうか。

さらに育児に理解のない職場であれば「早く帰れていいね」「休めてうらやましい」といった声も疲れを倍増させます。

>>関連記事:マミートラックが辛い!抜け出せないときの対策は?ワーママの体験談を紹介

夫に疲れたとき

共働きなのに家事や育児に参加しない夫に疲れを感じるワーママも少なくありません。家事や育児を他人事のように「手伝う」「頼まれていないから」という夫。言われなくても自主的に家事や育児をしてほしいと不満を感じるママも多いのではないでしょうか。

さらに食事がすんでも食器はそのまま、靴下は脱ぎっぱなしという子供と同じように世話をしなくてはいけない夫も存在します。一番助けてほしいパートナーである夫が頼りにならず、負担になる…。夫に疲れたというワーママも少なからずいるはずです。

ワーママが疲れ果てたときの対処法

あまりに疲れ果てると気力がなくなり、「何もしたくない」「ひとりになりたい」「仕事を辞めたい」など、どんどん気持ちがふさがっていきます。

家族に不満を爆発させないためにも、自分の心と体をしっかりケアするためにも、少しでもあなたの負担を軽くする方法を考えてみましょう。

また、自分を追い詰めて精神的に疲れないためにも「~しなくてはならない」「~すべき」という考え方をしないことがポイントです。

手抜きに罪悪感を抱かない

1日に24時間しかないのですから仕事、家事、育児を並行して完璧にやるのは無理だとまずは割り切りってしまいましょう。手抜きも大いにありです。

夕食にスーパーのお惣菜と野菜コーナーでサラダのセット、あとはご飯を炊いて汁物があればいい…。疲れ切っていたら宅配弁当のデリバリー。そんな日があってもよいのではないでしょうか。

毎日掃除ができなくて部屋が多少散らかっていても、ほこりがたまっていても死んでしまうことはありません。家族が元気に笑って過ごせていればそれで十分です。

利用できるものは利用する

使えるものは何でも使うくらいの気持ちでいるのもワーママの負担を減らすコツです。頼れるのであれば祖父母の手を借りてしまいましょう。

また、最近は家事代行の業者も増えてリーズナブルになっているのでおかずの作り置きをお願いする、または掃除だけでもおまかせするのもありです。仕事が忙しいときに頼れる病児保育やファミサポ、ベビーシッターなども良さそうなところをチェックしておくと、いざというときに助かります。

ひとりで抱え込まない

不満やストレスをため込んでいると、体にも精神にも悪いのでこまめに発散しましょう。ママ友や職場のワーママ仲間とお茶やランチをしながら、または立ち話で愚痴を言い合うのもよしです。

また、仕事上で困っていること、業務内容や職場そのものに不満や悩みがあるのであれば、勇気を出して信頼できる同僚や上司に相談してみましょう。改善してもらえればストレスや負担を減らすことができます。

ときには時間をお金で買う

共働き三種の神器といわれる食洗機、お掃除ロボット、乾燥機付き洗濯機。持っていないのであれば購入、利用を検討してはどうでしょうか。

購入費用は安くはありませんが、毎日疲れた体を奮い立たせながら行う食器洗いの時間がなくなることを考えれば、投資する価値はあるでしょう。時間をお金で買うのも共働きを続けるためには必要です。

材料を切って入れるだけの自動調理鍋も人気がありますね。少し割高かもしれませんが、ネットスーパーや食材キットの宅配も混んでいる時間帯にスーパーに行く手間が省け、時短にはおすすめです。

ひとりの時間を作る

多くのワーママが欲しいと思っているのは、「ひとりの時間」ではないでしょうか。好きなときに好きなものを食べ、好きなときに眠り、好きな場所へ一人で行く…。

どうしても疲れて休みたい、やる気が出ないときは、自分のために1日、せめて半日は休んでもよいのでは。夫や祖父母に子供をみてもらうのもありですし、思い切って有休を使うのもよいでしょう。

連日、仕事に家事に育児にと頑張っているのですから、自分のために休むことは悪いことではありません。育児はこれからもずっと続くもの。ときには自分を甘やかすのも、仕事と家庭を両立するためには必要なことです。

限界を感じたら転職するのもひとつの方法

このままでは家庭にも悪影響が出てしまう…。自分が潰れてしまいそう…。使えるものは何でも使って、自分のガス抜きもしつつ頑張っているけど、疲れ果ててもう限界だというワーママもいることでしょう。

もう疲れ果てたから仕事を辞めてしまおうかな…。そんな風に思うのであれば、育児に理解のあるママも働きやすい会社への転職を検討してみるのもよいかもしれません。

小学生以降も時短勤務できる、フレックス・リモートワークが可能など、ママが働きやすい柔軟な勤務体系を取り入れている会社もあります。

ワーママ向け転職エージェントのリアルミーキャリアでは、入社すぐから時短勤務が可能な正社員求人をご紹介しています。

育児に理解があって柔軟な働き方ができる会社ならば、仕事と育児の両立の負担が減り、前向きに頑張れるかもしれませんよ。

疲れるくらい頑張っている自分をほめてあげて

家庭も仕事も中途半端な気がする。それなのに毎日大変で疲れていて休みたい…。そんな風に思ったり悩んだりしているワーママは、あなただけではありません。

毎日毎日、完璧ではなくても仕事に家事に育児に頑張っている自分をほめて、ときには甘やかしてあげましょう。まわりの人に頼ったり、時短家電、便利なサービスを使ったりしてもよいのです。

これからも仕事と育児を両立していくために、自分に合った方法を見つけて負担を減らせるとよいですね。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務可能な正社員の求人をご紹介しています。仕事と育児の両立に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。

>>関連記事:ワーママがつらい、しんどいと思うのはこんなとき!仕事と育児の両立に悩むワーママの体験談


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者