主婦の転職!正社員の仕事に就くコツは?タイミングはいつがいい?

                   
※写真はすべてイメージです

出産を機に退職して育児に専念してきた主婦が再び働き始めたいと考えたとき、以前と同じように正社員として責任のある仕事に取り組みたい、と考える方も多いかもしれません。

しかし、子供を持つ主婦が正社員の職に就くのは、簡単なことではありません。転職を成功させるには、コツをつかんで上手に活動を進める必要があります。

ここでは、主婦が再び正社員で働き始めたいと考えたときの転職活動のコツや、おすすめのタイミングについて解説します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

主婦の転職活動は無理のないタイミングで

主婦が転職を考えるとき、重要なことの一つに転職活動を開始するタイミングがあります。転職活動には希望の求人を探すところから、履歴書などの書類の作成、面接など、やらなければならないことがたくさんあります。

特に正社員の仕事を希望する場合は、書類作成や面接対策にもしっかり取り組む必要があるので、それなりに時間とパワーがかかります。転職活動は自分自身の体調や子供の予定で余裕のないタイミングは避けて開始をしましょう。

主婦の方はただでさえ育児や家事で忙しく、自分のために使える時間は限られています。途中で断念することなく転職活動をやりきるためにも、タイミングはしっかりと見極めて開始しましょう。

ベストなタイミングは個人の状況により異なりますが、一般的には本人を含めた家族の生活に変化がなく、安定しているタイミングがおすすめです。例えば、子供が小学校に入り、学校生活や学童に慣れてきたころ、などはよいでしょう。逆に子供が小学校に入るときや、夫の単身赴任が始まるときなど、生活に大きな変化がある時期は避けたほうが無難です。

>>関連記事:ワーママの転職はタイミングが重要!転職を避けるべき5つの時期とは?

エージェントを活用して転職活動を効率化

主婦に限らず、正社員への転職を考えたときに求人を探す方法は主に3つあります。

  1. 企業のホームページ等から求人情報を個別に探す
  2. 転職サイトで求人を探す
  3. 転職エージェントに登録して求人を紹介してもらう

複数の方法を並行して進める場合も多いですが、限られた時間のなかで転職活動を進めていく場合は、転職エージェントへの登録を検討してみましょう。

転職エージェントでは、自分の希望する仕事内容や条件に合った仕事の紹介が受けられます。企業のホームページや転職サイトのように一つひとつ求人を確認して自分に合うかどうか選定する手間が省け、希望の条件に近い求人に絞って会社を選ぶことができます。

また、時短勤務希望、残業なしを希望、フレックス希望といった細かい条件に合う求人を紹介してくれるので、無駄な応募を減らすことができ、転職活動を効率的に進めることができますよ。

ママ向け転職サイトを活躍しよう

転職エージェントにはさまざまな種類があり、「エンジニア」「保育士」「介護職」といった職種限定のサービスや、「女性」「ママ」など特定の属性に絞った求人を扱うサービスもあります。

子供がいる主婦の場合、ママ向けに特化した転職エージェントの利用がおすすめです。なぜなら、主婦・ママの転職に立ちはだかる、「決まった時間しか働けない」「子供の体調により急なお休みが発生する」などのママ特有の事情に配慮した求人情報が正社員を含め、豊富に集まっているからです。

通常の求人であれば、たとえ気に入った内容であっても、まず自分が抱えるママ特有の事情を説明し、先方に受け入れてもらわない限り、選考で先に進めなくなります。ママ向け転職エージェントを利用することで、その問題を解消できますよ。

通常の転職エージェントでは見つけにくい時短勤務可の求人や在宅勤務の求人なども紹介してもらうことができます。また、求人を出す企業側も応募者がワーママであることを前提としてくれているので、ママならではの事情への理解がある場合が多いのも大きなメリットです。

>>関連記事:働くママの転職サイトを徹底比較!子持ち女性が正社員の仕事を探す方法は?

主婦の転職ではキャリアの棚卸をしっかりと行う

希望の仕事を見つけ、実際に応募をする段階までに、一度自分のキャリアの棚卸をしておきましょう。

これまでの職歴の中で自分がどのような問題意識を持ち、何を大切にして仕事を進めてきたのか、また、仕事を辞めた後のブランクの期間はどのように過ごしてきたのか、を新しい仕事を志望した自分につながるように整理しておくとよいです。

特にブランクの期間が長い場合、その期間の過ごし方について面接などで聞かれることがあります。その際は「応募中の仕事をする」という視点からプラスになった取り組みや経験を話せるようにしてください。

仕事を離れて育児をしていた期間について後ろめたさを感じる必要はありません。応募中の仕事への熱意が伝わるように、自分のストーリーを組み立てておきましょう。

念入りに準備して主婦の転職活動を成功させよう

子供を育てながらの転職活動は、時間的制約も多く、なかなか思うように進められないところもあるかもしれません。しかし、ブランクのある主婦の方でも、希望の転職を成功させる人はいます。

戦略的にタイミングや方法を選択して、賢く活動を進めることが大切です。上記でご紹介した内容を参考に無駄を省き、限りある時間とパワーを効果的に使って、希望の仕事を手に入れましょう。

>>関連記事:10年のブランクを経てベンチャーに就職した体験談!時短入社に成功した念入りな就職活動計画

>>関連記事:パートから正社員に転職するコツを解説!履歴書・志望動機はどう書く?


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者