子持ちの女性の正社員での転職は厳しい?ワーママ転職の現状と対策を解説

                   
※写真はすべてイメージです

男女雇用機会均等法の施行などもあり、女性が仕事においても活躍することがより一般的な社会になってきました。それに伴い、出産後もこれまでと同じように正社員として働くことを希望する女性も増えてきています。子育ては、夫婦や家族、周囲の人で助け合いながら行うことが理想的ですが、それでも、母親である女性の負担が大きいのが現状ではないでしょうか。そのため、正社員として働きたいが現状の職場では子育てと仕事の両立が難しいと考え、出産後に転職を考える女性も少なくありません。この記事では、子持ち女性の正社員での転職に焦点を当て、転職市場の現状や対策について解説していきます。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

子持ちの女性の正社員での転職は厳しい?

まずは子持ちの女性が正社員で転職する場合の現状について知っておきましょう。

育児と仕事の両立から転職を希望する子持ちの女性は多い

出産後は、どうしても子供中心の生活になりがちです。子供の体調や行事などによって、仕事を休むことも増えていくでしょう。育児と仕事の両立を目指すあまり、自分自身に余裕がなくなることも少なくありません。また職場において、ママの働き方について理解がない会社では、子持ちの女性はさらにプレッシャーを感じながら働くことになりストレスを抱えやすい状況になります。このような理由から、出産前と同じ会社で働き続けることが厳しいと感じ、転職を希望する女性は多いのです。

子持ちの女性でも正社員での転職は可能

子持ちの女性の正社員での転職は、 一般的な転職活動と比べ難易度が高まります。その理由は、転職後も働きやすい条件の企業となると、候補にあがる求人数が少なくなってしまう為です。しかしそのような状況のなかでも、転職活動を成功させ、新しい職場で働きやすさも仕事のやりがいも獲得していく子持ちの女性はたくさんいます。早計に難しいと判断せず、きちんと準備をして転職活動に臨むことで、希望の職場を手に入れることは十分に可能です。

>>関連記事:30代子持ち女性が転職するコツを解説!ママに理解がある会社の求人を探すには?

子持ちの女性特有の難しさと対策方法

子持ちの女性の転職活動は、様々な理由から難易度が高まります。場合によっては育児との両立が難しく転職活動を中断してしまったり、十分に検討せずに転職を決めてしまい、入社後に後悔してしまうケースなどもあります。そのような状態を避けられるように、ここでは子供を持つ女性ならではの転職における難しさとその対策方法についてみていきましょう。

1.時間がない

日々の育児と仕事の両立に加えて、転職活動をすることになるため、時間の確保が最初のハードルになります。転職活動は一般的に3ヶ月~6ヶ月程度になることが多い為、数日だけ無理して乗り切るという形では最後まで続けていくことが難しくなります。まずは、転職活動をするための時間の確保が必要になります。


▼対策方法:


1.家族に協力を求める

パートナーや両親など家族にも転職活動について理解を得て、期間中のサポートをお願いしてみましょう。子供の育児や家事のサポートなど家族の協力は、転職活動を進めていく中で非常に大きな支えになります。


2.家事や育児の代行サービスを活用する

転職期間中だけでも、家事などの負担を軽減するために、外部の代行サービスを活用するのも一つの対策になります。


3.転職活動のための時間を決める

手が空いたら、と思っていると結果的に時間が取れなくなりがちです。そのため転職活動の為の時間を固定で決めてしまう、というのもひとつの手です。通勤電車の中では求人情報を見る、昼休憩の内30分は転職活動にあてる、など時間を決めることで、少しづつでも確実に前に進んでいくことができます。

4.有休を活用する

採用面接や面接対策については平日の日中に行われる為、有休を使って面接の時間を確保するママが多いです。そのため、転職活動を進めるにあたって、あらかじめ有休の日数を確保しておくことも必要になります。

 

2.求人数が限られている

一般的な転職の際でも求められる、年収や希望職種などの条件に加え、育児との両立のしやすさに関する希望条件も追加されるため、子持ちの女性の転職は該当する求人数が少なくなる傾向にあります。

▼対策方法:

1.焦らない心構え

「すぐに決まらないのが当たり前」という心構えを持って、焦って合わない条件の会社に決めてしまうことが無いようにしましょう。意外と見落としがちですが、いざ転職活動を始める際に思い出してみてください。

2.キャリアの棚卸し

これまでに培ってきたキャリアの棚卸しをして、自身のアピールポイントを正しく認識しておきましょう。限られた求人の中でも、どの会社が特にマッチしそうかを判断しやすくなります。

3.働きやすさ

子持ち女性の転職においては、育児との両立のしやすい職場であることは、避けては通れない条件ではないでしょうか。時短勤務制度があること、残業が少ないこと、職場との距離や、リモートワークの有無など、仕事を長期的に続けるために企業に求める制度は人によって様々です。

▼対策方法:

1.譲れない条件を決める

あれもこれもと求めてしまいがちですが、逆にこれだけは譲れない、という条件を決めておくと自身の希望とずれない転職活動をスムーズに進めやすくなります。

2.ワーママ専門の転職エージェントの活用

ワーママに特化した転職エージェントは、ママに合った条件の求人を多く抱えているため、働きやすい求人を見つけやすくなります。

>>関連記事:働くママこそ転職エージェントを使うべき4つの理由!効率的に転職活動を進める強い味方

子持ちの女性が正社員での転職を成功させるポイント

ここまで説明したように、子持ちの女性の転職には特有の難しさがあります。最後に子持ちの女性でも正社員での転職を成功させるためのポイントについて解説します。これから転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

これまでの経験・キャリアを活かせる職場を選ぶ

正社員での子持ち女性の転職は、基本的には即戦力の人材としてのキャリアが求められます。そのため、これまで自分が積み重ねてきた経験やキャリアは、転職において大きな強みになります。転職先を探すときは、これまでの経験やキャリアが活かされ、評価されやすい職場を選ぶといいでしょう。

女性が活躍している職場を選ぶ

希望する職場に、どれくらいの割合で女性がいるのかを確認しましょう。また希望する部署内で活躍する子持ちの女性がいるのか、その様子についても入社前に確認しておくといいでしょう。子持ちの女性が安心して働くためには、同僚や上司など周りの理解・協力が得られることがとても大切です。現職の女性の活躍は、その職場の女性の働き方への理解を測る一つの指標になります。

仕事に求める条件の優先度を明確にする

子育てをしながら正社員への転職を成功させるには、仕事に求める条件の優先度を明確にすることが大切です。子育て中の女性にとって、仕事に求める条件は、多岐に渡ります。そのすべてを叶える職場に転職することは難しい場合もあるでしょう。そのような場合でも、自分の中で譲れない条件と緩和してもいい条件、その優先度を明確にさせることで、満足のいく転職活動を進めやすくなります。

>>関連記事: ワーキングマザーの転職!正社員で転職成功するコツと体験談を紹介

子持ちの女性でも正社員転職は成功させられる

子育てをしながら、より良い条件で正社員転職をすることは難しいのではないか、と考える女性も少なくないでしょう。しかし、きちんと準備をして臨めば、子持ちの女性でも満足のいく正社員転職を実現することは十分に可能です。日々の育児と仕事の両立だけで手いっぱいになってしまうという人は、転職エージェントの活用も有効です。あなたに代わって、候補求人のピックアップや企業との交渉を進めてくれるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。また、近年ではママ特有のお悩みにも応える、ワーママ専門の転職エージェントもありますので検討してみてください。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な正社員の求人をご紹介しています。リモートワークやフレックス制度の根付いている時短勤務の求人も増えてきていることから、育休復帰後の配置転換や職場の雰囲気に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者