40代のワーママの転職は難しい?失敗例から転職における注意点を解説

                   
※写真はすべてイメージです

働く女性の増加に伴い、40代以降も子育てしながら働くワーママも増えています。また、子育てや今後の自身のキャリアの両立に悩み、転職を考えるワーママも少なくありません。しかし、いざ転職となると、「子育てと両立しやすい職場で、かつ40代以降の転職なんて難しいのでは?」と考えている人も多いのではないでしょうか。結論から言うと、子育て中の40代のワーママであっても転職を成功させることは可能です。本記事では、そんな40代のワーママの現状や注意したい失敗例、転職を成功させるためのポイントを紹介します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

40代のワーママが転職したくなる時

40代のワーママにとってどんな時に転職したいと考えるのでしょうか。40代のワーママと一口にいっても、子供の年齢や環境によってきっかけは人によって様々ですね。

子供がまだ小さくもう少しそばにいてあげたいと感じる時

まだ子供が小さいママの中には、「熱を出した時に病児保育ではなく自分がそばにいてあげたい」「もう少し早く保育園にお迎えにいって夜の時間を子供とゆっくり過ごしたい」と考え、子供にさみしい思いをさせてまで今の仕事を続ける意義を感じられず、転職を考えたというママも多くいます。

時短勤務の終了や小学校入学により生活ペースが変化する時

現職の時短勤務が法律通り3歳までの子供にしか適応されず、もう少しで時短勤務が終了してしまうこときっかけに、継続的に時短勤務ができる職場へ転職を希望するママもいます。また、いわゆる「小1の壁」に対応する為、子供の小学校入学を機に、働き方を見直すママも少なくありません。

ママ自身のキャリアアップを考えた時

「育児休業からの復帰を機に、時短勤務になり重要な仕事を任せてもらえなくなった」「今後の長期的なキャリアの為に、成長業界へ転職したい」など40代以降のキャリアアップを見据えた転職を考えるママもいるでしょう。

>>関連記事:ワーキングマザーの辞めどきはいつ?仕事を辞めたいと思ったときに考えたいこと

失敗例から学ぶ!40代のワーママ転職における注意点

次に、40代のワーママに多い転職活動時の失敗例を紹介します。これから転職活動を始める方は、同じ轍を踏まないように注意しましょう。

なかなか決まらない焦りから、自分の希望とは合わない職場に転職

30代の頃と比べて選考が通過しづらくなったと感じ、焦りから自分の希望とは合わない転職をしてしまう、というパターン。実際、子供がいない方の転職を比べると、40代のワーママの転職は難易度が高まります。しかしその現状に不用意に焦らず、「そんなものだ」と割り切って、転職活動を進めていく心構えも必要です。

もちろんすべての希望を叶えることは難しいですが、これだけは譲れないという希望条件については譲らず、条件に合う求人に出会うまでじっくり準備を進めていきましょう。焦って最優先の希望を諦めて転職した結果、入社後にモヤモヤとしてしまい、短期間で再び転職活動に逆戻りしてしまっては本末転倒です。

面接時の「ワーママでも大丈夫」に安心し細かく実態を確認しなかった

面接官の「ワーママも在籍している会社だから大丈夫」の一言だけで、育児と両立しやすい会社と判断するのは危険です。 ひと口にワーママと言っても、職場に求める条件は一人ひとり異なるものです。また時短勤務の制度はあるものの、実際にはほぼ活用されていなかった、フレックスタイム制度だが朝礼や定例会議で事実上活用が難しいなどの実態では入社後に困ってしまいます。 自分の配属される部署にワーママがいるのか、ワーママはどのように働いているのかを細かく確認することが必要です。

>>関連記事:ワーママが転職に失敗しないために注意することは?焦りと勢いで決めないで!

40代のワーママが転職で成功するためのポイント

40代のワーママが転職を成功させるにはどんなポイントがあるのでしょうか。ここでは5つのポイントに絞って解説します。

スキルの棚卸し

40代の転職においては、企業からは即戦力人材としてのスキルや経験が求められます。まずはスキルや経験の棚卸しをしてみましょう。スキルの棚卸しとは具体的に、自身の実績や経験を整理し、そこから自分の強みや得意なことを見つけ出す作業です。応募時の自己PRにもつながります。

転職における希望条件と優先順位の明確化

完璧な職場はなかなか見つからないものです。あらかじめ希望条件を洗い出し、優先順位をつけておくことも大事です。勤務時間や残業の有無、年間休日数、仕事内容や会社の規模、雇用形態など、あらゆる条件を書き出し、自分がもっとも優先したい条件や譲れないラインなどをしっかり整理しておきましょう。

自分のキャリアが評価されやすい職場を選択

条件を明確にしたうえで、できるだけ自身のキャリアが活かせる職場を選びましょう。入社後に評価されやすく、忙しい生活のなかでも仕事へのモチベーションを維持しやすくなります。

入社前に育児との両立のしやすさを細かく確認する

ワーママとしてやはり気になるのが育児との両立のしやすさ。 残業時間の有無や時短勤務を何歳まで続けられるかなど、曖昧な点があれば、入社前に確認しましょう。きちんと確認することで入社後のミスマッチを減らすことにもつながります。採用面接時にすべてを確認することは難しいので、内定後の面談やエージェントを通して確認するとスムーズです。

ワーママに特化した転職エージェントを活用する

転職エージェントは、市場に出回っていない非公開求人を多く保有しています。プロの客観的な視点で、あなたに合った求人を紹介してもらえるほか、条件交渉も代行してくれますので、転職活動を効率的に進められるでしょう。

>>関連記事: ワーキングマザーの転職!正社員で転職成功するコツと体験談を紹介

忙しいワーママにはママ専門の転職エージェントの活用も

育児と仕事の両立で忙しい日々の中、効率的に転職活動を進めるためには、ワーママ専用の転職エージェントを活用するのも効果的です。40代という年齢的な条件や、ワーママ特有の働き方への条件についても考慮した上で、あなたに合った求人を提案してくれるでしょう。また書類作成や面接の進め方などについてもアドバイスをもらえるため、一人で抱え込まずに転職活動を進めることができます。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な正社員の求人をご紹介しています。リモートワークやフレックス制度の根付いている時短勤務の求人も増えてきていることから、育休復帰後の配置転換や職場の雰囲気に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者