ワーママが転職に失敗しないために注意することは?焦りと勢いで決めないで!

                   
※写真はすべてイメージです

働きながら子供を育てているワーママは、子供のことから仕事や今後のキャリアのことまで、さまざまなな悩みがつきものです。ライフスタイルに合わせて転職をするワーママも少なくありません。

最近は一般的になりつつあるとはいえ、子供のいない人に比べると正社員のワーママ転職は簡単なことではありません。意を決して転職するからには、絶対に失敗したくないというワーママも多いでしょう。

せっかく転職をしたのに「こんなはずではなかった…」「前よりも仕事と家庭を両立しにくくなってしまった…」なんてことは避けたいですよね。

ここでは、ワーママが転職で失敗しないための注意点や、転職に失敗して後悔したワーママの体験談をご紹介します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

転職に失敗するワーママがやりがちなこと

ワーママ転職で多いのが、ある程度条件が合う仕事ならと妥協してしまうケース。ワーママ転職は難易度が高いので、絶対に譲れない希望条件があるにも関わらず、会社側が提示する条件で妥協して内定を受諾しがちです。

「このチャンスを逃したくない」という気持ちはよくわかります。しかし、ワーママだからこそ「この先も長く勤め続けることができるか」といった観点は大事にしなければいけません。

もちろん、すべての希望が叶う職場を探すことは、ワーママ転職限らず難しいものです。それでも自分の中で優先順位の高い「絶対に譲れない希望条件」を妥協してしまうと、どこかで無理してしまい長く働くことができなくなってしまいます。

ワーママが転職に失敗しないための準備

何事も成功させるには準備が大切です。時間をかけてしっかり転職準備をすることで、ワーママ転職を成功させましょう。

希望条件の優先順位を決める

まず、転職の優先条件や妥協できる条件のラインを明確にします。以下の項目で自分が絶対に譲れない条件を考えてみましょう。

  • 通勤距離
  • 勤務時間(時短ができるかどうか)
  • 福利厚生(有給の日数、育児支援制度など)
  • 仕事内容
  • 給料
  • 社風
  • 会社の規模(スタートアップ、ベンチャー、上場企業など)

たとえば、家庭と育児の両立が今回の転職目的であれば、勤務時間や通勤距離の優先度が高くなります。年収アップが目的であれば、給料の優先順位が高くなるでしょう。マタハラや育児への理解のなさが転職理由であれば、育児に理解のある社風かどうかも重要ですよね。

今後のキャリアプランを考える

次に、履歴書や職務経歴書を作成しながら、どんな働き方でどんな仕事に就きたいのかをじっくり考えましょう。転職活動は、なりたい自分を再確認するのに良い機会です。今後のライフプランやキャリア設計を考慮して、どんな仕事・職場なら充実した毎日が送れるかイメージしてみてください。

会社の情報収集を念入りに行う

社員の雰囲気を含め、ワーママが働きやすい会社かどうかを事前にしっかりチェックしましょう。そうすることで入社後のミスマッチを防止し、長く働き続けることができます。

企業の採用ページをしっかり読み込むことはもちろん、採用ブログや会社の発信するSNSなどをチェックすると、どんな人たちがどのように働いているのかイメージがわきやすいですよ。

転職エージェントを利用すると、育児に理解があるか、ワーママが活躍しているのかといった、外側からはわからないリアルな社風を詳しく教えてくれるでしょう。

入社前に確認したいことをまとめる

定時退社できるのか、子供の急な発熱時に早退できるのか、繁忙期の残業はあるのかといったことも、入社前にしっかり確認しておきたいところです。会社の仕組みとしては認めていても、実際には他の人に仕事を預けて早退しにくいという状況では困ります。

時短勤務での転職を希望する場合は、入社後すぐから時短勤務は可能かどうかや、何歳まで時短勤務が認められるかを確認すると安心です。会社によっては入社1年経たないと時短勤務が使えなかったり、3歳までしか時短勤務が認められないことがあります。

入社前に確認したい条件は、聞き忘れがないよう前もってまとめておきましょう。これらの細かい条件は面接では聞きにくいことなので、内定後に確認すると良いでしょう。

このような細かい条件確認や交渉は、転職エージェントに任せるとスムーズです。さまざまな条件確認が必要なワーママ転職では、ワーママに特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

>>関連記事:時短勤務しながら転職は可能!ワーママを転職成功に導く8つのポイント

ワーママ転職に失敗しないためには時期も重要

ワーママの場合は転職のタイミングも考えなくてはなりません。たとえば、子供の小学校入学に合わせて転職してしまうと、親も子も大きく変わる生活の変化に対応しきれなくなってしまう可能性があります。

とくに入学当初の数ヶ月は親の出番が多くなるため注意が必要です。入学のタイミングに合わせたいなら、入学までに転職するか、入学後生活が少し生活が落ち着いてから転職した方が良いかもしれません。

転職準備は、転職したい時期の半年前くらい前から行うのがポイントです。なぜなら、直前になって慌てて仕事を探し始めると、焦って妥協しやすくなるからです。心に余裕を持って良い仕事を探せるよう、半年前から時間をかけて準備することをおすすめします。

>>関連記事:ワーママの転職はタイミングが重要!転職を避けるべき6つの時期とは?

ワーママが転職に失敗しないための心構え

ワーママが転職に失敗しないためには、心構えも大事です。まず、転職活動をする際には「すぐに良い仕事が見つからなくても当たり前」と思うようにしましょう。

次に、面接では安易に「できます」と言わないようにしましょう。早く内定をもらいたいあまり、できそうにないことまで「できます」と言ってしまうと入社してから苦しくなります。仕事への意欲を見せることは大事ですが、難しそうなことは素直に話しておいた方が安心して働けます。

また、自分一人でがんばりすぎないことも大切です。ワーママは「自分がやらなきゃ」とつい抱え込んでしまう傾向があります。仕事と育児を両立したいなら、周りの人をうまく巻き込んで助けを借りることも重要です。

ワーママが転職に失敗した体験談

正社員時短勤務で転職することができたものの、「こんなはずじゃなかった!」と転職失敗を後悔したワーママの体験談をご紹介します。

モヤモヤから逃げるように転職を決意

(Mさん 32歳 子供1人 Webディレクター)

子供が2歳のときに社員3人のスタートアップに転職。転職に失敗して3ヶ月でまた転職活動を再開したことがあります。

育休復帰後からずっとマミートラックに悩み、もう自分はこの会社に必要ないのではないかとモヤモヤが続いていました。子供と自分は常に体調不良だし、会社では肩身が狭いし、子供に負担をかけてまでやりがいのない仕事を続けるのは本当につらかったです。

今思えば、こういったモヤモヤを誰にも相談せず、少しノイローゼ気味になっていたように思います。視野が狭くなっていて、たまたま自己応募した1社目の会社で内定が出たため、逃げ出すように転職してしまったのです。

盲目的に会社を決めてしまった

その会社の面接では、社長がすごく親身になって話を聞いてくれたんです。50代独身の男性でしたがワーママにはとても理解があり、「こんなにママばかりつらい思いをして働かないといけないのはおかしいよね」と優しい言葉をかけてくれました。

ぜひうちで働いてほしいと言われ、今の会社で肩身の狭い扱いを受けている自分を求めてくれている会社があることが嬉しくて、すぐにでも入社したい勢いで転職を決めてしまいました。

時短勤務OK、社員3人なので細かい勤怠のルールはなし(リモートも可)、入社後すぐに責任のある仕事を任せてくれる、とのことで自分にとっては十分な条件でした。

入社してすぐに転職を大後悔

しかし入社して後悔するまでに時間はかかりませんでした…。社長の性格に難があり、セクハラ発言のオンパレード。税務処理も適当で、税金を納めていないけど一度も税務署が来たことがないなどとコンプライアンス違反を豪語している状態。

しまいには自分の引越し先のカーテンをネットで選んでほしいだとか、家を掃除してほしいだとか、仕事と関係ない雑用を勤務時間中に平気で頼んでくる始末…。

最初はなんとか受け流していましたが、社員3人の会社なのでお互いの距離感が近く、社長と仕事をせざるをえません。さすがに毎日のこととなるとストレスがたまり、入社1ヶ月で転職活動を再開しました。これまで7年勤めていた上場企業を辞めてしまったことを本当に後悔しました。

反省をいかして転職活動を再開

1社しか応募しないで勢いで転職を決めてしまったこと、入社前にどんな会社なのかしっかり調べなかったこと、社長の人柄の見極めが甘かったことをとても反省しました。

結局、勢いで転職した会社を3ヶ月で退職し、今はまた転職して違う会社で働いています。反省をいかし、再び行った転職活動では10社以上面接に行き、しっかりと会社を吟味しました。

それでも、もともと7年勤めていた福利厚生の良い上場企業を退職したことを今でもまだに後悔しているくらいです。一時的なモヤモヤで焦って転職はしないほうが良いです。

ひとりで冷静に判断できなかったり、転職が頭をよぎったときは、今思えばひとりで勢いで行動でず、ワーママ友達に相談したり転職エージェントなど第三者に相談してみれば良かったなと思います。

>>関連記事:働くママの退職はあくまで選択肢のひとつ!ワーママはひとりで悩まないで

失敗しないよう注意すればワーママ転職はうまくいく

転職活動に行き詰まったり、とにかく今の会社から逃げ出したいと思い詰めている状態になると、育児と仕事を両立できるならどんな仕事でもいいと妥協してしまうワーママは少なくありません。

しかし、よく考えないで自分に合わない職場や仕事を選んでしまっては、また短期間で転職活動をすることになるかもしれません。転職活動の先が見えず焦る気持ちも良くわかりますが、いろいろな条件をきちんと検討して自分に合う仕事を選択しましょう。

仕事と育児をしながらするワーママの転職活動は、心身ともに負担がかかる大変なものです。せっかくの転職活動を無駄にしないためにも、長く働けることができる自分にあった会社に巡り会いたいですよね。

ワーママが転職で失敗しないためにも、なにか転職活動で困ったことがあれば、ワーママ専門の転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務可能な正社員の求人をご紹介しています。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。お気軽にご相談ください。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者