ワーママの転職を成功させるコツとは?失敗する人との違いも解説!

                   
※写真はすべてイメージです

子育てをしながら働くワーママにとって、仕事に求める条件は一つではなく、複数にわたることが一般的です。子供と向き合う時間を確保しながら、やりがいをもって仕事を続けたいと考えるワーママの中には、現在の職場では実現が難しく、転職を検討している方も多くいるでしょう。この記事では、そんなワーママが転職を成功させるためのポイントやコツを解説します。しっかりとポイントを押さえて転職活動を行うことで、時間のないワーママでも効率よく納得のいく転職活動が実現できます。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

ワーママの転職を成功させるには?まずは現状を知ろう

忙しい毎日の中で時間を捻出して進めるワーママ転職。できればスムーズに転職を成功させたいですよね。転職を進めるにあたり、まずはワーママの転職市場の現状を知りましょう。

転職を考えるワーママは多い

育児と仕事の両立を目指し、転職を考えるワーママは多くいます。子供が小さいうちは、もっと子供に寄り添いやすい働き方をしたいと考えたり、時短勤務に切り替わってから責任のある仕事を任せてもらえず今後のキャリアップの為に転職を考えるママもいるでしょう。出産後も働き続ける女性が増えた一方、ママの働き方に理解のある職場はまだ限定的です。今後も働き続けるためには今の職場では難しいと考え、転職活動を始めるママは少なくありません。

条件のよい求人は限られている

ワーママが転職を成功させることが難しいといわれる理由の一つに、求人数の少なさがあります。近年、 多様な働き方を受け入れ、ワーママも積極的に採用していきたいと考える企業が増えてきているのも事実です。 しかし、収入や勤務時間、福利厚生など、育児中の女性が希望する条件に合う求人そのものが限られているため、一般的な転職と比べると、まだまだ選択できる求人数が限定的であるといえるでしょう。

転職成功のカギはキャリアを活かすこと

ワーママの転職を成功させるには、これまでの仕事で積み上げてきたキャリアを活かす職場を選択することが重要です。資格はもちろん、これまでのキャリアを見直し、最も評価されやすいスキルを武器に転職を成功させることができるでしょう。役職のほか、数字で確認できる実績があると、さらに評価されやすくなります。

>>関連記事:ワーママの時短求人は一期一会!転職活動は3ヶ月以内の短期決戦で

ワーママ転職に成功する人・失敗する人の違い

ワーママ転職において、成功する人と失敗する人にはどんな違いがあるのでしょうか。

転職活動の「軸」を持つ

いざ転職活動を進めようとする、転職先の企業にあれもこれもと条件を求めてしまいがちです。もちろん、譲れない条件は守り切るべきですが、そもそもこの転職において何を求めるのかという「軸」を持つようにしましょう。「軸」を 明確にすることで、求人探しや面接での受け答えなどの際にも迷うことがなくなり、転職に成功しやすくなるでしょう。 具体的なやり方は後述の5つのステップの①②を参考にしてください。

【成功する人】転職の「軸」を明確にし、自分の希望を実現するためにどの求人を選択するべきか冷静に判断できる
【失敗する人】漠然とした不安が先行し、あれもこれもと条件を付け加え、該当する求人がなくなってしまう

ワーママ転職に求められる「心構え」

ワーママの転職活動は楽ではありません。日々の仕事と育児の合間で転職活動を進めるだけでも大変な上、一般的な転職と比べ、簡単には希望の転職先が見つからないこともあります。一喜一憂せず、「すぐに決まらないのが当たりまえ」という心構えで、じっくりと転職活動に向き合っていきましょう。

【成功する人】現実を踏まえ、前向きに希望条件の求人の選考を受けていく
【失敗する人】焦りや早く終わらせたいという感情から希望ではない企業の内定を承諾し、入社後に後悔してしまう

転職活動を「戦略的」に進める

子育てのことも考えると「働きやすい条件の求人だから」という理由でその企業の選考を受けたいと思うのは自然なことです。しかし書類選考や面接時においては、自己都合とは切り離し、どうしてその企業が自分を採用するべきなのかという観点で戦略的に自己PRしていくことが必要です。よくある注意点としては、志望理由として「時短勤務やリモートワークなど柔軟な働き方を取り入れているから」など自分目線での理由を話してしまうこと。企業側からすると「福利厚生がが整っていればどこでもいいのか」と判断されたり、採用するべき相手があなたである必要性の決め手に欠けてしまいます。

【成功する人】会社から見て自分を採用するメリットや根拠を意識して戦略的に自己PRする
【失敗する人】自分目線だけで話してしまい、自分の強みや貢献できることを十分にPRできない

>>関連記事:ワーママの転職、フルタイムで失敗?不安な人は時短転職を検討しよう

転職を成功させる5つのステップ

最後にワーママの転職活動を成功させるための具体的な5つのステップをご紹介します。

1.転職したい理由を冷静に見直す

一時的な感情を優先させるのではなく、転職したい理由を冷静に考えてみましょう。そもそも本当に転職が必要なのか、なぜ転職したいと思ったのか、などを改めて振り返ります。「○○の為に転職したい」という明確で強い思いは転職活動の原動力になります。本当に転職したいという気持ちが変わらないのであれば、本格的に転職活動へと踏み出しましょう。

2.転職に求める条件と優先順位を書き出す

転職したい理由を冷静に見直すと、転職に求める条件も見えてきます。すべての条件を叶えることは難しいので、その中で優先順位をつけ、求人を選別する際の軸としましょう。書き出すことで次第に迷いもなくなり、転職活動でやるべきことも見えてくるはずです。

3.転職活動をするためのサポート体制を整える

転職活動には家族など周囲の理解やサポートが欠かせません。自分の気持ちやビジョンを共有し、周囲のサポート体制を整えておきましょう。

4.ママ専門の転職エージェントを活用する

ママ専門の転職エージェントの活用もおすすめです。エージェント側で予め、ワーママにとって働きやすい条件の会社を集めているため、希望条件に合う求人とも出会いやすくなります。また働くママの事情を十分に理解しているキャリアアドバイザーによる転職サポートも受けることができ、ワーママ特有のお悩みについても具体的にアドバイスを受けることができます。

5.入社前に必要なことは確認する

内定をもらったら、入社前に、業務内容はもちろん、条件面や福利厚生など待遇面についても疑問や不安をすべてクリアにしておきましょう。入社後のギャップを防ぐためにも、わからないことを抱えたまま転職してしまうことがないようにしてください。すべてを面接時には聞くことは難しいの為、内定後の入社面談やエージェントを通しての確認してみましょう。

>>関連記事: ワーキングマザーの転職!正社員で転職成功するコツと体験談を紹介

ポイントを押さえてワーママ転職を成功させよう!

働くママにとって、育児と仕事の両立の忙しい日々の中で、転職活動を行うことはとても大変なことです。そのためワーママの転職活動は、ポイントを押さえて効率的に進めることが重要になります。また、ワーママの転職に特化した転職エージェントの活用もおすすめです。条件に合った求人も探しやすく、手厚いサポートも受けられるので、1人で抱え込まずに転職活動を進めていくことができるでしょう。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な正社員の求人をご紹介しています。リモートワークやフレックス制度の根付いている時短勤務の求人も増えてきていることから、育休復帰後の配置転換や職場の雰囲気に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者