壮絶なるワンオペ双子育児!時短転職で乗り越え、仕事・家庭・趣味を両立

                   

「やっぱり育児と仕事の両立って無理なのかも…。」季節の変わり目で体調を崩し、それが繁忙期と重なった時、弱気になることもありますね。

今回ご紹介するのは、双子の子育てをほぼワンオペ育児で回しながら育休復帰を果たし、「3歳で時短終了」直前で時短転職したRさん。

双子の子育ては、経験者の話を聞けば想像するより遥かに壮絶なものです。 オムツに着替え、食事介助に愚図り対応…成長過程がほぼ同じである為、同時に手をかけることを求められることも。

今回は時短転職で仕事と双子育児を両立させながら、産前からの趣味に没頭し、充実した日々を送るワーママの実例です。

ワンオペでの双子育児!「3歳で時短終了」の壁

Rさんは夫と3歳になる双子の4人家族。

芸術業界の営業、通信会社のマーケティングリサーチ部門でリサーチャー経験を経て結婚、幼児向け英語教材を扱う企業の広告制作を担当、双子を出産後、お子さんが3歳になる直前に「3歳の壁」を回避すべく時短転職。

未経験の職種にも躊躇なく挑戦

プロセスを構築していく事が好きだったのが高じて、新卒で音楽系アーティストのイベント企画をプランニングする仕事に。

その後、通信会社でマーケティング部門にて、リサーチャーとしてデータ分析・解析を担当。 特に、ロジックを組むことや数字を追いかけることを得意としていたので、自分の能力を生かせるこの仕事にやりがいを感じていました。

しかし、会社の経営方針により業務が内向的なものに偏ってきたことから、徐々に面白味を感じられなくなり、もっと対外に貢献できる業務に挑戦したいと思い、転職に踏み切りました。

エージェントに登録後、キャリアアドバイザーに「数字を扱い、分析するスキルを活かせるから。」ということで提案していただいた広告制作の職種。 今まで興味すら無い分野でしたので不安はありましたが、これもご縁だと思いエントリーしたところ、見事採用。

32歳での未経験への挑戦でしたが、アドバイザーさんの助言は的確でした。やり甲斐を感じて夢中になれる仕事でした。

「お腹の子は双子」の苦悩

転職後3年目に妊娠、しかも「お腹の子は双子!」と医師から告げられた時は、驚きとともに喜び…ではなく、「どうしよう?!」というのが正直な心境でした。

医師から告げられる「双子出産のリスク」

出産において、母子ともに命の危険が伴うこと、障害をもって生まれるリスクが高いこと、また低体重で生まれた場合はNICUに入り、母親は毎日通院する必要があること等々…医師から出てくる言葉は最悪の事態を想定した話ばかりで、当時は恐怖だけが募りましたね。

次に課題となったのは「引っ越し」

当時はエレベーター無しのマンションの2階に住んでいたので、外出の際には、「子どもを2人連れて、さらにベビーカーを担ぐ」のは不可能と判断。 体調が落ち着いた妊婦期間中にエレベーター有りのマンションに引っ越すことで解決しました。

そして次の課題は、難関。「上司への報告」でした。

憂鬱な上司への妊娠報告

周囲への妊娠報告は、一般的に「おめでとう!」と華やかな報告のやり取りをイメージしますね。しかし、当時所属していた部署には、そのような雰囲気はありませんでした。

上司は独身女性。 メンバーが妊娠出産を経験する度に、一人分の業務の穴埋めを上司が抱えていた事もあり、これまで部下の妊娠出産に関して煙たがるような対応をとる場面を見てきたのです。

いつ上司に報告しようか躊躇し、どんどん先延ばしに。

その一方で、悪阻の症状が日に日に辛くなってきました。 なんとか辛い身体を引きずるような気持ちで取引先との会食に参加するものの、食事が喉を通りません。

「体調が悪くて…」としばらくは誤魔化していたのですがそうも言っていられなくなり、ついに妊娠3ヶ月目に、上司へ妊娠報告と産前産後の相談をしました。

すると、「おめでとう!無理しないようにしてね。」とあまりにも意外な上司の反応に、拍子抜け。 ようやく肩の荷が下りたような気がしました。 しかし、「双子の妊娠・出産」。本当の山場はここからでした。

「今日も一日、生き抜けた…。」双子育児の怒涛の日々

実は、勤務先のチーム5名の中になんと双子ママがいたのです。 (妊婦100人のうち、双子の確立は100分の1。その2人が出会う確率は1万分の1という奇跡のような出会い!)

しかも、お子さんは小学生という大先輩。「子どもが双子でも、復帰して働き続けられるんだ!」と身近なロールモデルに勇気づけられました。

10月に無事出産。 それから、想像を絶する怒涛の日々でした。

当時、主人の帰宅時間は夜21時を回る頃。「新生児のお世話は寝不足になる。」と言いますが、我が家はそれが2人分。私一人で回すのは不可能と判断し、実家に里帰りしました。

私が一人を授乳している間に、もう一人に実母からミルクをあげてもらい、3時間後には交代。その間に幾度ものオムツ交換。実父には沐浴をお願いし、とにかく人海戦術で回していました。

それでも自分の身体を休める間がなかったですね。そこから間もなく手足が自由に動かせるようになり、傍にあるものを口に入れていないか常に「監視」している状態。寝返りで動けるようになると行動範囲も増えるため、常に360°の視野で気を張っている状態の私。

嬉しいとか幸せとか感じる余裕はなく、ただそこにある命を絶やさないためにタスクをこなすだけに日々が続きました。

大人3人態勢でもそんな状況でしたので、結局子どもが1歳になるまで、実家で生活しました。

1歳双子男児のワンオペ育児をしながらの保活

1歳になり、自宅での生活がスタート。夫の帰宅時間は21時ですので日中は完全にワンオペでした。しかし、やんちゃ盛りになってきた双子男児を一人で育児するのは不可能でしたので、アウトソーシングを活用しました。

  • 掃除:家事代行(週1回)
  • 食事キット(ほぼ毎日・翌日分を夫と前夜に作る)
  • ベビーシッター利用(適宜)

それでも、2人が寝つけると「とりあえず、なんとか今日も生き延びられた…。」と安堵の溜息が漏れる日々でした。

「このままでは私の身がもたない。子どもにとっても安全な日々を過ごすべく、一日でも早く保育園に入れよう!」と職場復帰を決断。

しかし案の定、年度途中で保育園の空きは無く、「4月に認可保育園」の入園を見越して、12月から無認可保育園に入園。

無事に職場復帰を果たし、日中子どもと離れる時間が出来たおかげで、ようやく我が子を「かわいい」と思える余裕が出てきましたね。

そして4月。双子であることから兄弟調整指数、認可外保育施設等に通所している調整指数が加算され、認可保育園に転園できました。

その一方で、夫が国内外の宿泊出張が多いポジションに異動。「なぜこのタイミングで…。」と興覚めしましたがそうも言っていられないので、引き続きアウトソースサービスを駆使して日々乗り切っていました。

子どもの様子はというと、毎日の保育園の送迎時に2人揃って「保育園、いやー!」と泣き叫んでいる状況。あまりの抵抗の様子が気になり、臨床心理士の先生に相談したところ、「親の愛情不足が原因」と言われ、かなりショックを受けました。

できる事はを最大限尽くしてきたつもりでしたが、一人一人の心を満たせていなかったんだ、と。しかし当時の状況では何一つ改善できず、日々の生活を回していく事だけで精一杯でした。

3歳の壁に直面!時短が切れることをキッカケに転職を決断

半年後の「子供の3歳の誕生日」を機に時短勤務が切れ、フルタイム勤務になり、その場合の勤務時間は、9時半~18時。

延長保育を駆使すれば19時半まで預かり可能だったものの、私と子どもの生活リズムを考えるとフルタイム勤務は不可能と判断。転職活動に踏み切りました。

双子での両立は無理では?」と言及された転職活動~ネックは時間的制約

同じチームの双子先輩ママは、ご主人が柔軟に勤務時間を設定できる勤務形態だった為、母親がフルタイムでも問題なく勤務できていたとのこと。

しかし、我が家はほぼワンオペ。

それを充分自覚し、「勤務時間は17時半までの正社員フルタイム勤務」という制約を予め設定し、転職活動に挑みました。

子供が寝た後に書類作成、幸い前職では時間休がとれた為、勤務時間中に抜けて面接へ。

エージェント2社に登録し、それぞれ20社ずつエントリー。

しかし、書類選考まで進めたのは、各々7社程度でかなりショックを受けました。やはり「17時半まで勤務・残業不可」という制約がネックになっていたようです。

採用面接では「双子育児だと両立大変なんじゃない?本当に働けるの?」と詰問され、心折れかけた事もありましたが、なんとか計4社から内定が出ました。

しかしいざ転職先を決めようという段階になった時、勤務先を選べなかったのです。というのも、自分がやりたい仕事内容よりもライフ優先で条件設定していたことに気付いたのです。

そして、「時間的配慮をしてもらった転職は、きっと職場で煙たがられるんだろうな」と転職後の不安が頭をよぎりました。

そこで、もう一回転職活動をやり直そうと、ふと「時短 転職」で検索をかけたんです。

それが転職先との出会いでした。「転職と同時に時短勤務」を紹介してくれるエージェントがあることを初めて知り、私が求めていた働き方はこれだ!と思いました。

時短転職のおかげで深まった親子の愛

それからトントン拍子に事が運び、見事時短転職に成功しました。

そして、通勤時間の短縮化により育児面においても子供とかかわる時間が増えたことで子どもに変化が見られました。

転職前は、保育園に行き渋りをしていた我が子が「保育園大好きー!行ってきまーす!」とスムーズに母子離れができるようになったのです。

「愛情不足」と指摘された母子関係でしたが、時間と心の余裕が生まれた事で、子供の行動を急かすことも無くなり、母子共に朝イライラしなくなり、心穏やかに過ごせるようになりました。

自身の趣味も復活

転職先はフレックス勤務で柔軟な勤務体系。日中に小一時間休憩をとることができます。

私は、産前からの趣味であったボルタリングに行ったり、ボランティアでバイオリンの演奏をしに行くことが出来るようになりました。それが、何よりのリフレッシュになっています。

働くことで生活を制約するのではなく、時間を自分でコントロールすることで、生活に潤いが生まれることを実感しています。

柔軟な働き方で人生が変わる

転職活動で苦戦していた時の私のように、育児と仕事の狭間で悩んでいる方は、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

私は双子育児という一人では抱えきれないタスクをもちながら、時短転職によって、本来の自分らしさを取り戻す事ができました。

そんな柔軟な転職・働き方があることを世の中の働くママ達に知ってもらいたいです。

Rさんが時短転職に成功したポイント

Rさんの就職の条件は以下の通りでした。

  • 勤務時間:残業なし・17時半までに終業
  • 自身の特性を生かせる仕事

4月認可保育園入園を見越した、12月無認可保育園入園

年度途中で職場復帰を決断。その時点で認可保育園には空きがなく、待機児童状態でした。しかし、4月入園申請時前に無認可保育園に通園していれば、「認可外保育施設等に通所している調整指数が加算」されることを見越して、12月より無認可保育園に入園。

そして見事、4月に認可保育園への入園を果たしました。この時点では、まだ転職は考えておられませんでしたが結果として、産休・育児休暇明けの転職の場合、マストになってくる「現職復帰後に転職」・「年度途中でのお子さんの預け先確保」の見事なロールモデルです。

双子育児と「自分らしさ」の追求

Rさんは、好奇心旺盛で多趣味。電車で1時間かかる通勤もロードバイクを走らせるようなアクティブさをお持ちの方です。

しかしそんなバイタリティ溢れるRさんが、疲弊する程の過酷な双子育児。そしてさらなる障壁「3歳の誕生日で時短勤務終了」。ライフ時間を確保すべく、時短勤務に踏み切ったわけですが、「条件(時間)だけを満たす選択肢の中から、転職先を選べなかった」というRさん。

そしてさらに調べた末、「時短転職」が可能なエージェントを知り、時短勤務でご自身の特性を生かせる職種との出会うことができました。

例え窮地に追い込まれたとしても妥協しない、Rさんのこだわりが粘り勝ちしました。


【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)