育休明けに派遣に転職!正社員を辞めた後悔も派遣の良さも感じているワーママの体験談

                   
※写真はすべてイメージです

慣れない育児と仕事の両立が始まる育休明けの働き方については多くのママが悩むポイントではないでしょうか。今回は育休明けに復職後、育児と仕事とのバランスを考慮し正社員から派遣社員に転職したワーママの体験談をご紹介します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

居心地の悪さを感じた復職後の時短勤務

Aさん(30代・子供1人)
こんにちは!東京都在住、3歳の男の子をもつ30代のワーママです。育休明けに正社員から派遣社員へ転職し、都内の企業にて経理事務として働いています。私が正社員から派遣社員へ転職した理由や転職活動の方法、そして転職後に感じることなどをご紹介します。

出産前の働き方

大学卒業後、都内のメーカーへ就職しました。職種は経理事務です。事務系の仕事なら何でも良いと軽い気持ちで求人に応募したところ、無事に採用されました。簿記などの資格も持っておらず、経理とはどのような仕事をするかもわかっていない状態でしたが、上司や先輩のフォローもあり、順調にスキルを磨いていく事ができました。雑用から決算整理に携わるまで成長でき、経理の仕事の楽しさも感じられるようになったと思います。

復帰後の時短勤務で感じたこと

仕事が順調な頃に妊娠し、出産後は育休を取る事になりました。休みに入る前は職場のみんなから「早く復帰してね。待ってるよ」と声をかけられていたので、何の不安も無かったです。そして息子を出産し、1年の育休を経て職場復帰する事になりました。子供は保育園に入れましたが、お迎えもあるため17時までの勤務は難しい状況です。上司に相談し、時短勤務にさせてもらう事にしました。育休明けの頃はようやく元の場所に戻れた感じがして、とてもうれしかったです。ただ次第に居心地の悪さを感じるようになっていきました。

経理の部署では、計算が合わなければ部署総出で原因を突き止めていくのですが、私は16時半には会社を出なければいけません。申し訳ないと思って残ろうとすると、「早くお迎えに行ってあげて」と帰されてしまいます。また産休中、育休中に私の仕事を引き継ぐためパートの女性が入っていたのですが、明らかに私より重要な仕事を任されています。正社員でありながら中途半端な立場で、仕事に対する意欲も失っていきました。そして他の所ならもっと楽しく仕事ができるはずと思い、転職を考えるようになりました。

>>関連記事:【体験談】育休復帰は不安がつきもの!育休明けが怖いときの対処法

人材派遣会社に登録して職探しをスタート

子育て中のテレワーク、良いところと大変なところ

転職活動をはじめた時期

転職活動を始めたのは、決算がひと段落した頃です。決算前はとにかく忙しく、パート女性へ嫉妬するどころではありませんでした。ただ繁盛期が過ぎると一気に業務量が減り、気持ちにも余裕が生まれるようになりました。この時期なら有給も取りやすく、周りに迷惑をかけません。そこで気になっていた人材派遣会社に登録してみる事にしました。正社員で働き続けたいという気持ちはありましたが、育児や家事と両立しながら働くのは正直大変です。派遣なら周りに迷惑をかけず、もっと楽な気持ちで働けると思いました。

登録から仕事が決まるまで

派遣会社に登録した後は、コンシェルジュに仕事探しの相談をしました。自分のスキルや経験と希望条件をすり合わせて職場を紹介してくれるので、ミスマッチが少なくなると思います。いくつかの会社を紹介されましたが、その中から選んだのが大手の食品会社です。大きな会社で働けるという点に魅力を感じ、また自分がやってきた事が活かせる業務内容なので、ここならすぐに馴染めそうと思いました。

関連記事:復帰前の不安が的中!育休明けて1年以内の転職で育児にもゆとりができた体験談

派遣社員として働くメリットとデメリット

派遣社員に転職後の働き方

派遣社員として働くようになってからは勤務時間が10時から16時までとなりました。仕事内容は主に売掛・売上管理や買掛・支払管理で、毎日膨大な量をこなしていくのは大変ですが、やりがいは感じられます。前職での経験やスキルも役立ち、周りの社員さんからは「仕事が早くて助かってる」と言われました。比較的若い人が多い職場ですが、殺伐とした雰囲気は一切なく、居心地は良く感じられます。

派遣社員になって感じるメリット・デメリット

時間に追われることなく、自分のペースで仕事ができるようになったのが最大のメリットだと思います。子供に対しても時間をかけられるようになり、プライベートが充実するようになりました。一方デメリットに感じる部分は、契約更新の時期にドキドキしなければいけないという点です。周りから「頼りになる」とどれだけ褒められても、いつ打ち切りになるかわかりません。長く働き続けられるという安心感がなく、気持ちが落ち着かないというのが本音です。

派遣社員となって後悔していること

やりがいはあるものの正社員との立場の違いも感じる

派遣先の職場ではやりがいのある仕事を任され、周りの社員さん達も良くしてくれます。ただ前の職場をふと思い出し、「我慢して正社員として働き続けていたら良かった」という思いがこみ上げてくる事もあります。派遣社員になって後悔しているのは、やはり正社員とは立場が違うという点です。仲良くしてもらっているようで、どこか一線を引かれているような感覚があるのです。数ヶ月か数年後には居なくなる人と思われているなら仕方ないですが、少し寂しく感じてしまいます。

育児とのバランスをとりながらキャリア設計を考える

とは言え、まだまだ手のかかる子供を育てているため、しばらくは派遣社員として頑張るつもりです。そして子供が小学生に上がった時には、もう一度正社員として働きたいと思ってます。少しでも多くチャンスを増やすために、簿記の勉強を始めました。簿記資格不要としている求人も多いですが、資格があった方が応募できる求人も増えます。毎日コツコツと勉強を続けるのは大変ではありますが、少しずつ知識が増えていくのがうれしく感じます。

関連記事:ワーママの転職で後悔しない!転職時に気を付けるポイントまとめ

転職を考える時は冷静になろう

正社員として働くワーキングマザーは大変です。色々な所に気を使うので、体力面だけではなく精神的にも辛く感じるものです。思い切って正社員から派遣社員へ転職するというのも一つの方法ですが、転職後に後悔しても元に戻れません。一時の感情だけで決めず、転職するのは自分にとって本当にベストであるのか、冷静になって考える必要があります。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な正社員の求人をご紹介しています。リモートワークやフレックス制度の根付いている時短勤務の求人も増えてきていることから、育休復帰後の配置転換や職場の雰囲気に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者