育休明けで復職後、キャリアアップを目指してベンチャーに転職した体験談

                   
育休明けで復職後にキャリアアップ目指してベンチャー企業に転職した体験談をご紹介します。
※写真はすべてイメージです

育休明けで復帰したものの、なかなかキャリアアップの機会に恵まれず転職を検討したい。しかし、実際にベンチャー企業は不安…とお考えの方もいらっしゃるかと思います。今回はそんな育休復帰後の転職で時短勤務のままでキャリアアップを実現した体験談をご紹介します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

育休から無事に復職できたけれど物足りなさを感じる

育休から復職したけれど何か仕事に物足りなさを感じた

Kさん(30代・子供1人)
東京都在住、30代の女性です。子供は今3歳で、0歳で運よく保育園の入園が決まったので、職場復帰しました。育休から復帰した後も、産休前の業務と同じく総務・労務でした。勤務時間は10時から17時で、6時間の時短勤務。入社から3年ほどのタイミングだったので、復帰後の業務対応に問題はなかったのですが、このままだとキャリアアップできないな…と次第に実感するようになり、転職を決意しました。

早生まれだったため、育休復帰は当初子供が1歳になってからにしようと考えていました。ただ、保育園への入園を考えると1歳では激戦区になることは容易に想像できたため、ダメ元で二次募集のタイミングで申し込みだけしたのです。すると幸いなことに0歳クラスで認可保育所への入園が決まったのです。預けられる月齢ギリギリだったこともあり、色々と考えましたが、最終的には保育園の入園を決めました。

保育園の入園が決まったので、当時の上司に復職の旨を伝えました。相談の上、時短勤務での復職が決まったため、慣らし保育を経て子供を預けながら働く新たな生活リズムを作っていきました。うちの子はあまり大きく体調を崩すこともなく保育園で過ごしてくれたので、仕事の時間はしっかり確保できた点は運が良かったです。

ただ実際に復職して業務をこなしても、総務労務というポジションということもあり、新しい仕事はありません。現職でできることの限界があるのでは、と感じ転職活動を始めました。

やりがいを求めた結果、ベンチャー企業への転職を考える

やりがいを目指してベンチャー企業への転職を考えました。

具体的に停滞感を持つようになったのは、業務に対するスピード感のなさを様々な業務から感じたからです。当時所属していた組織がグループ会社だということもあり、業務のスピード感に影響を及ぼしていると痛感しました。

ちょうど検討を始めたタイミングで夫に相談したところ、夫も働き方を見直すべく転職を検討していたところでした。同じタイミングでの転職は避けたいね、という話をしつつも、お互いに今後のキャリアをどうしていくかきちんと話し合いができたので、転職活動への意欲が増していきました。

保育園への影響を気にしつつも、スピード感のあるベンチャー企業へと転職

保育園への影響を気にしつつもスピード感のあるベンチャー企業へと転職しました。

いざ転職活動を始めようとしたとき、一番の懸念点は保育園への影響でした。転職によって評価点が下がり、子供を預けることができなくなってしまうと元も子もありません。育休から復職していれば問題ないと考えていましたが、念のため役所に確認を入れたところ、口頭では「復職後1年は現職で勤めてほしい。」とどの資料に明記されているかわからない条件を出されてしまいました。

インターネットで情報を調べても確実な情報は得られなかったため、転職活動の準備を進めつつ、万が一のことがあっては困ると考え、1年後の4月入社に向けて動き出しました。しかし、時短勤務かつ正社員で受け入れてくれる転職先が見つかるかは当初とても不安でした。

そんな折にリアルミーキャリアのことを知って登録したのですが、キャリアアドバイザーの方に、自分の強みや今後のキャリアについて一緒に考えていただけたのは、とても助かりました。また、実際に時短勤務で転職が実現できている事例についても教えていただけたので、なんとかなりそう!と希望を持てました。

スピード感を持って経営層と近い距離感で働ける環境を求めた結果、同じ労務のポジションでベンチャー企業への転職を実現できました。ベンチャー企業の未整備なところを自分で作り上げていくというキャリアプランを実現できたので、とても満足しています。時間がない中で応募書類の作成や面接の時間を捻出するのはとても大変でしたし、なかなか次の会社が決まらず落ち込むこともありましたが、夫のサポートで何とか活動をやりきれました。

キャリアアップをあきらめないで

育休明けの復職後でもキャリアアップをあきらめなければ道は開けます。

今の仕事にモヤモヤしたら、まず自分の棚卸しをしてみることをおすすめします。仕事と育児の両立はご家庭によって大変さはそれぞれ異なると思いますが、自身のキャリアをどうしていきたいかは自分次第です。最初から時間がないから、とあきらめずに情報収集から始めてみると新たな発見があるかもしれません。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な正社員の求人をご紹介しています。リモートワークやフレックス制度の根付いている求人も増えてきていることから、育休復帰後の配置転換や職場の雰囲気に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者