シングルマザーが転職を不安に思うのはなぜ?シンママが転職で失敗しないための注意点

                   
※写真はすべてイメージです

一家の大黒柱であるシングルマザーは、「転職をしたい」と思っても、失敗したときのリスクを考えて二の足を踏むケースが少なくありません。

ここでは、シングルマザーが転職を不安に思う理由と、シングルマザーが転職に失敗しないためのポイントを解説します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

シングルマザーが転職を不安に思う理由

シングルマザーが転職を不安に思うのは、なぜなのでしょうか。

転職先が見つからなかったときのリスクが怖い

シングルマザーにとって最も大きな不安は、希望するような転職先が見つからないことです。

給料や福利厚生などに不満があって会社を辞めても、結局は同じかそれ以下の条件の会社しか見つからなかった場合、「こんなことなら転職しなければよかった」と後悔したくないのです。

夫のいる身であれば、「いい会社が見つからないから、しばらく様子をみようか」と考えることもできますが、シングルマザーにはその選択肢はありません。

どんなに条件のよくない転職先しかなくても、どこかで必ず働かなければならないので、「それならまだ今の職場にいた方がマシかもしれない」と思ってしまうのです。

シングルマザーの転職は不利だと思い込んでいる

シングルマザーの不安は、他にもあります。「シングルマザーは転職をするときに不利になるのでは?」と思い込んでいることです。

たしかにシングルマザーは一人で子供を育てているので、子供に何かあれば、駆けつけられるのは自分しかいません。賃貸マンションを借りるときも、シングルマザーだと借りにくいケースもあり、「転職もそうなのではないか?」と考えている人もいるかもしれません。

でも実際のところ、シングルマザーも夫のいるワーキングマザーも、「子供のいる女性は転職のハードルが高い」という点では、転職の難易度はほとんど変わりません。

むしろシングルマザーはキャリア志向がありバリバリ働きたいという人が多く、会社の担当者によってはシングルマザーを高く評価しています。

シングルマザーが転職に成功するための方法がわからない

「転職をしたいけれど、どうすれば転職できるのかわからない」という理由で、二の足を踏んでいるシングルマザーもいます。

実際、シングルマザーの日々の生活はものすごく忙しく、転職を考えたくてもそれどころではないというのが実情かもしれません。

>>関連記事:シングルマザーが転職活動を成功させるコツは?タイミングはいつがいい?

シングルマザーが転職に失敗しないためのポイント

シングルマザーが転職に失敗しないためには、いったいどうしたらよいのでしょうか。シングルマザーの転職成功のポイントをご紹介します。

まずは転職活動をするための時間を捻出する

シングルマザーにとって転職のための最初の難関は、転職活動をするための時間を作り出すことです。朝から晩まで働き詰めのシングルマザーにとって、これは大変なことです。

会社の昼休みや早朝などの時間をやりくりして、転職活動のための時間を捻出しましょう。できるだけ無駄な手間を省き、効率よく転職活動をすることも大切です。

働きながら転職先を探せば生活に困ることはない

「転職先が見つからなかったら生活に困ってしまう」という不安のある人は、働きながら転職先を探せば、何も心配をする必要はありません。スケジュール的にかなり大変ではありますが、転職活動をする際は在職中に行うようにしましょう。

ワーママに理解のある職場に絞って求人を探す

シングルマザーが転職先を探すときは、ワーママに理解のある職場に絞って、求人を探すことが大切です。

なぜなら、一般的な求人に応募しても「子育て中の女性」というだけで書類の時点で落とされてしまう可能性が高いからです。何度も書類選考で落ちると、それだけで自信を失ってしまいがち。最初からワーママであることを認めてくれている会社に応募するのが早道です。

ワーママ専門の転職エージェントに相談する

シングルマザーが転職活動をする上で大きな力となるのが、ワーママ専門の転職エージェントです。

転職活動を始めるなら、まずはワーママ専門の転職エージェントに相談しましょう。登録から採用決定に至るまで、利用料はすべて無料なので安心して相談できます。

ワーママ専門の転職エージェントに登録すると、ワーママのための求人をピンポイントで紹介してもらえます。

応募書類の提出や、面談日・入社日の調整、給与や勤務時間の交渉なども頼めるので、効率的に転職活動ができますよ。

>>関連記事:シングルマザーが転職エージェントを使うメリットと注意点!年収や勤務時間の交渉を任せよう

シングルマザーならではの特性をアピールする

採用試験に臨むときは、シングルマザーならではの特性をアピールすることが大切です。仕事をやり抜く責任感の強さ、仕事に対するモチベーションの高さ、キャリアアップへの意欲などは、シングルマザーならではの特性といえるでしょう。

こうした自分自身のアピールポイントを、過去のエピソードなども交えて応募書類や面接で伝えることによって、他の応募者との差別化を図ることができます。

シングルマザーに適した求人を探し転職を成功させよう

シングルマザーは一家の大黒柱としての責任感が強いため、就労に対しての意欲も強く、シングルマザーの採用に前向きな企業は少なくありません。

求人募集の文面だけでは、シングルマザーおよびママの採用に積極的かどうかは見えにくいもの。

ワーママ専門の転職エージェントに相談することで、ママに理解のある会社の求人をより詳しく知ることができますよ。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務可能な正社員の求人をご紹介しています。転職希望のシングルマザーからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者