ワーママの転職は難しい?転職活動がうまくいかない理由と対策

                   
※写真はすべてイメージです

ワーママが転職を考えた際、子育てと仕事の両立を念頭に置いて転職活動に取り組まないといけません。時間の融通がきく職場や、子育てに理解のある職場、自宅からの通勤距離など、どうしても優先したい条件が出てくるもの。

それゆえに、希望の条件を叶えられる会社がなかなか見つからなかったり、採用されにくいと感じたりすることがあるかもしれません。

ここでは、ワーママの転職は難しいと感じる原因やうまくいかない理由を整理しながら、ワーママの転職活動がうまくいかないときの対策を解説します。

ワーママの転職が難しいといわれるのはなぜ?

ワーママの転職が難しいといわれるのはなぜなのでしょう。ここではまず、転職が難しいとされる原因を解説します。

残業ができず勤務時間に制限がある

ワーママの場合「子育てと仕事を両立」することが前提なので、子供の保育園のお迎えや育児で残業ができず、勤務時間に制限があることを企業は考えます。

企業側からすれば、勤務時間に制限のあるワーママよりも、残業ができて時間的な融通がきく応募者の方が、戦力としての見通しが立ちやすいという事情があります。特に人員がギリギリの小規模な会社では、残業ができる人が歓迎される傾向にあるようです。

出張や転勤に対応できない

ワーママには子育てや家事があるので、残業ができず勤務時間に制限があると同様に、出張や転勤への対応も当然ながら難しいもの。派遣やパートで企業が雇う場合は出張や転勤の対象になるケースは少ないですが、正社員で雇う場合、出張や転勤を念頭において募集をかけることもあります。出張や転勤に対応できないワーママの採用は、他の応募者に比べるとハードルが高くなってしまうと言えるでしょう。

子供の病気や行事で休む

ワーママを雇う場合、たとえば子供が病気をしたり急に熱を出したりしたときや、保護者会などの行事で休むケースが多くなることを企業側は考えなくてはなりません。

行事ごとの場合は事前に日程がわかっているので企業側も対応できますが、子供が病気をしたり急に熱を出したりした場合はイレギュラー的に人員に穴がでてしまうので、特に人員ギリギリで運営している中小規模の会社にとってはリスクが高いといえるでしょう。

ワーママの転職がうまくいかない理由は?

上記のようにワーママの転職がうまくいかない要因にはさまざまなことがあり、「転職が思うように上手くいかない」「応募審査にすら通らない」など、転職に関しての不安や疑問を感じているワーママの方は、まずはうまくいかない理由を整理することから始めましょう。

企業との条件が合っていない

応募する企業の条件に合っていなければ、実績や経験があっても採用されるのは難しいです。たとえばいくらその業界に精通しており経験豊富であっても、勤務形態や給料面などの条件が合わなければ企業側も採用できません。

また、企業がワーママに理解がないと採用されるものも採用されないケースもあるので、まずは事前に、自分の条件と企業側との条件をしっかりと照らし合せることから始めましょう。

倍率が高い人気の職種・会社である

転職活動において重要になるのは求人に対しての応募倍率と採用率で、倍率が低ければその分ライバルも少なくなり、採用率が高ければその分採用される可能性も高くなります。応募倍率と採用率は転職活動においての重要な指標にもなります。

採用においては、残業のできないワーママも残業可能な人材も、同じライン上のライバルとなります。特に独身の若手世代は給与レンジが低いため比較的採用コストのかからず、また残業もいくらでもできるため、比較されるとどうしてもワーママは不利になりがちです。

転職活動を行う際は、「倍率が低く採用率が高い」に越したことはないですが、ライバルが強力だと採用率が下がってしまうので、応募する企業が「どの層の従業員を多く雇っているか」「ワーママが従業員にいるのか」など事前調査を行い、できるだけ低い倍率と高い採用率を維持することを心がけると良いでしょう。

経験やスキルが足りていない

ワーママに限らずですが、企業の求める経験やスキルが足りていないと、当然ながら採用はされません。働ける時間に制限があるからこそ、即戦力となる十分な経験や、時間的制約をハンデと感じさせないくらいのスキルを求められます。

せっかく経験やスキルがあっても上手にアピールできていないということもあるので、職務経歴書や面接ではしっかりと自信の強みをアピールできるようにしましょう。

転職エージェントの書類添削や模擬面接を受けておくのもおすすめです。

転職活動に十分な時間をかけることができない

育児と仕事の両立で日々忙しいワーママにとっては、転職活動においても「育児と仕事と転職活動の両立」は大きなテーマになります。

在職中で転職活動をしているワーママの場合は、仕事と育児で自分の時間がほぼないなかで、転職活動にも時間を割かなければなりません。

仕事の繁忙期や子供の病気が重なり、じっくり腰を据えて転職活動に取り組むのが難しいこともままあります。タイミングが合わないと縁のある企業に出会える確率も下がってしまい、転職活動が思うように進まないでしょう。

ワーママの転職がうまくいかないときの対策

転職がうまくいかない理由や原因を分析できたら、それを踏まえて対策を練ることが大事です。

自分の状況や環境をまずはしっかりと把握しておく

上記でもありましたが、ワーママが転職をする際は、まずは自分の状況や環境をしっかりと自己分析し、それに応じた内容で転職活動を行いましょう。自己分析をしっかりとしておけば、自分のスケジュール管理もできやすく、それに応じて企業への応募もしやすく、転職活動に時間に取ることもできます。

希望条件を明確にし、条件の合う企業へ応募する

自己分析をしっかりと行えば、自身の希望条件を踏まえた上でそれに合った企業への応募もしやすくなります。自身の希望条件と企業の条件が近くなればなるほど、採用率もアップするので、効率的に転職活動を行えるでしょう。

残業できないことへの対応を考えておく

ワーママの面接では「残業ができるかできないか」を聞かれることがあります。保育園のお迎えがあるため残業できない場合でも、「絶対に残業は無理です」の一点張りではなく、できる限りの対応を事前に考えておくことが大事です。

たとえば「持ち帰りが可能であれば家で作業する」や「夫に保育園お迎えを頼める日は残業ができる」「繁忙期は帰宅後に子供を夫に預けて再出社できる」「早朝に出勤して対応する」など、残業ができないことへの代替案を明確に企業に伝えれば、仕事や企業に対して真摯に考えていることへのアピールにもなります。

子供が病気になったときの対応を考えておく

保育園に通う子供が体調を崩しやすいのは仕方がないもの、といった事情は企業もわかっています。面接で子供が病気のときの対応について聞かれることは多くはありませんが、聞かれることもまれにあるので対策を考えておくと安心ですよ。

たとえば、実家が近い場合は実家に協力してもらったり、ベビーシッターや病児保育を使ったり、さまざまな対応を検討しておくと良いでしょう。パパの仕事の都合がつくようであれば、パパに休んでもらうのもひとつの方法です。

ママに理解のある企業を選ぶ

ワーママが働く環境を考えた場合、育児と仕事の両立に理解のある企業を選ぶと、採用後も働きやすい良い環境で仕事に打ち込むことができます。

ワーママに理解のある企業は、残業ができない場合や急に休みを取らなければならない場合も、カバーできる体制が整っているケースが多いもの。休んだときはお互いさまといった雰囲気で、家庭を優先してもワーママの肩身が狭くならない職場も存在します。

ママに理解のある企業は時短勤務のママが採用されたり、採用後も働きやすかったりと、転職がスムーズにいくケースが多いですよ。

転職エージェントを利用する

ワーママの転職活動ではママに理解のある職場選びや、残業なしや時短勤務が可能な職場を探すことが転職成功への近道。とはいえ、時間のないワーママは情報収集するのも大変ですよね。

ワーママの転職活動を効率的に行うには、ワーママ専門の転職エージェントを活用するのがおすすめです。ママに理解のある企業を紹介してくれるので、自己応募するより採用率が高くなるでしょう。

また、勤務時間など育児の状況や環境を事前に転職エージェントに伝えておけば、希望の条件を叶えられる求人を紹介してくれます。

ワーママ転職は難しいイメージかもしれないが不可能ではない

ワーママの転職は難しいというイメージがつきものですが、実際に転職を成功させているワーママは珍しくありません。「自身の自己分析をしっかりと行うこと」「残業できないことや急な休みに対しての対策をしっかりと伝えること」「ワーママに理解のある企業を探すこと」この3つが大きなポイントです。

うまくいかない原因や、転職先で叶えたいこと、転職条件の優先順位付けの自己分析をしっかり行い、自信を持って転職活動に挑めると良いですね。

以下の記事ではワーママが 「時短勤務」で 転職する際のポイントを紹介しているので、参考にしてみてください。

>>関連記事:時短勤務しながら転職は可能!ワーママを転職成功に導く8つのポイント


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者