共働き家庭におすすめの勤務形態!ママがフレックス勤務の1日はどんな感じ?

                   

最近よく耳にする「フレックスタイム制」。始業・終業の時間を自分で自由に決めることができる働き方のことです。 この働き方は、共働き家庭において大変好都合な勤務形態です。上手に利用すれば、無理なくフルタイム勤務が可能になる場合もあります。

今回は、夫は勤務時間固定、妻はフレックスを活用してフルタイム勤務をしている共働き家庭にインタビューをしました。フレックス勤務のメリット・デメリットや1日の生活を詳しくご紹介します。

フレックスタイム制とは

フレックスタイム制(以下、「フレックス」)とは、1カ月以内で定めた時間数を労働することを条件に、各日の始業・終業時刻を自分で決定できる制度です。
例えば、1カ月間で合計160時間勤務の場合、ある日は1日6時間、ある日は1日10時間といった形で労働時間を自分で決定し、合計で160時間になるように調整することができます。

「夫は勤務時間固定、妻はフレックス勤務の家庭」の一日

Yさんのご家庭は夫が勤務時間固定、妻のYさんがフレックス勤務をしています。

夫:勤務時間固定 9時半~18時半勤務(営業マネージャー)
妻:フレックス勤務 通常7時半~16時半くらいで勤務(事業開発)

Yさん「夫が勤務時間固定だったので、私はフレックスを活用して、朝型勤務にしていました。子供を保育園に預ける時間を最短にできますし、私としては夕食準備などのため夕方に時間を確保したかったので。そのため、家事・育児は【朝が夫、夕方が私】というように時間で分担していました。」

Yさんのご家庭の一日

ーーー
6:00  妻:起床、支度でき次第、出社
7:00  夫:子どもと共に起床、朝食準備、朝食
8:30  夫:保育園送り、出社
16:30  妻:退勤、保育園迎え後、夕食作り、夕食、子供と入浴
20:30  夫:退勤 、帰宅後翌日の保育園準備等
21:00  妻:子どもと共に就寝
ーーー

Q. フレックスでの利点を教えてください。

収入を減らさずにフルタイム勤務しながら、家庭に寄り添った働き方ができる事です。
例えば、保育園でのお誕生日会に出席する場合、時間固定勤務ですと「有給を半日取得して出席」となりますよね。
でも、フレックス勤務だとその必要がありません。
当日は早めに仕事を切り上げてお誕生日会に顔を出し、勤務時間が足りない分はほかの日に少し早く出て消化することができます。
同様に、
「朝起きたら、子どもが鼻水垂らしている。風邪を悪化させないように、病院に連れて行ってから出社しよう。」
というように、勤務時間に縛られることなく子どもに最善を尽くせるので助かってます。

また、仕事上でも利点があります。
これは朝型勤務の利点とも言えますが、他に朝型勤務をしている人が少なく、早朝はオフィスに殆ど人がいないため、集中できてとても仕事が捗るんです。
午前中にはあらかた自分の仕事が片付き、午後はメンバーのサポートなどの余裕ができるようになりました。

また、勤務時間中の中抜けもできるため、直接的な仕事ではないけど今後の仕事やキャリアアップに繋がるようなセミナーや、有識者の方のお話を聞きに行く時間が作れます。
あと、仕事の合間に歯医者さんにいけるのも、細かい話ですが助かっています。特にオフィスエリアの歯医者さんは時間をきっちり守ってくださるので、仕事の調整もしやすいです。

子育て中で、休日にそういった機会をもつのは難しいし、せっかくの家族の時間がもったいないので、平日の時間をうまく使えるのはうれしいです。

Q.夫婦での勤務時間、育児家事分担はどうされていますか。

上記に示したように、家事・育児は基本的に【朝が夫、夕方が私】と時間で分担しています。
夫に朝早めの時間で仕事が入った場合には、私の出社時間を遅らせる事で対応しています。

私が保育園送りの場合も、ストレスがないと感じています。
夫は固定勤務のため、出社時間に合わせて「早く、早く。」と子どもを急かしたり、子どもがグズって準備が進まないことに焦る様子が見られますが、私は遅刻という概念がないため、いつも心に余裕を持って送り届けることができています。

Q.業務上での問題はありませんか。

特に感じていませんね。
私の部署では、特にコアタイムの設定はありませんが、メンバーが集まりやすい昼食前後の時間に打合せを行っています。
また、朝や夕方はみんな揃わないもの、という共通認識が出来上がっているので、相談が必要な内容は昼の時間に積極的に時間をとりますし、それ以外の時間はチャットシステムを使って各自都合の良い時間で対応するようにしています。

Q.フレックスのデメリットは何ですか。

デメリットをあえて挙げるとすれば、自己管理能力や調整力が問われるということでしょうか。
業務の繁閑を予め見据えて、1か月の中での勤務時間を調整する必要があります。
また、個人プレーで仕事をするわけではない為、打合せや共同作業が必要な業務については、自分の制約を鑑みながら、関係者とのスケジュール調整が必要です。

ただ、これは通常時間で勤務する場合もあってしかるべき能力なので、フレックスのデメリットとして強調することではないかもしれませんね。

まとめ

今回、新しい働き方の一つとして、フレックス勤務をご紹介しました。
収入を減らすことなく、家事育児の必要な時間帯に合わせて仕事の時間調整ができるため、子育て家庭にとっては大変メリットの多い制度です。

働き方の見直しやそれに伴う転職などお考えの際は、こういった制度が使えるかどうかも検討されてはいかがでしょうか。


【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)