小1の壁を乗り越える!仕事スタイルは変えず、個別課題に前向きに対処した体験談

                   

今回は、共働きフルタイム、周りに頼れる大人のいない状態で小1の壁に向き合た先輩家庭の体験談をご紹介します。インタビューをもとに、 小1の壁で直面した具体的な問題とその解決策とは?

Tさん:夫は設計職(連日残業有り)、妻Tさんは営業事務(8時半~17時半のフルタイム勤務)、小1になり学童に通う長女と保育園年少の長男の4人暮らし。
両親の実家は遠方で、自宅周囲で頼れる大人はいない環境。

共働き家庭が直面する小1の壁とは?

一般的には、子供が小学校に入学すると育児が一段落し仕事に注力しやすくなると思われがちですが、実は保育園時代とはまた違った負担が生じ、むしろ仕事の時間がとりにくくなることさえある、所謂「小1の壁」。まわりから話を聞いて、戦々恐々とされているご家庭も多いのではないでしょうか。

特に大きな制約となるのが、子供の預かり時間です。保育園の預かり時間は朝7時半~18時半、延長も可能など、親の仕事に最大限配慮した設定となっていました。

しかし、小学校は4~5時間の授業と給食で2時過ぎには下校、その後の預かりを担う学童保育は、公立の場合17時や18時に終了する施設がほとんどです。それに加え、職場の時短制度が小学校入学までのケースも多いです。

ただ、小学生になったとはいえ、まだまだ一人で帰宅させたり、待たせたりするのに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

また、環境変化による子供のストレスも大きな要素です。保育園では、保育士さんが手厚くサポートしてくれる中で、赤ちゃんの頃から生活を共にしている友達とただ遊んでいればよいですが、小学校では新しい場所、新しい友達、子供に対する先生の数も圧倒的に少なく、座って勉強する時間がほとんどで、宿題も出る、などと環境が劇的に変化します。はじめのうちはこの変化が子供にとって大きなストレスとなり、親までうろたえてしまうことも多いようです。

小1の壁に漠然とした不安を抱えながらも、フルタイム勤務を継続

小学校に入学する前は、小1の壁が大変だという情報は知っていたのですが、何が問題なのか具体的にわかっていなかったこともあり、ただ漠然とした不安を感じていました。
ネットで情報収集しても、「小1の子どもをサポートするために、仕事を退職する母親の割合が約30%存在」などという、不安を掻き立てられる情報だけが目立っていたように思います。

そんな漠然とした不安の中、「子どもの為に、仕事をセーブするべきか。」という考えが一瞬頭をよぎりました。
ただ、保育園時代を何とか夫婦だけでやってきた自信はありましたし、ここまで踏ん張ってきたのにここで諦めるわけにはいかないという意地もあり、
「学童に預けて仕事を続けている人は山ほどいる!とりあえずやってみよう!」
とそのままフルタイム勤務を続ける決断をしました。

入学前にできることを、と友達作りにチャレンジするも失敗

フルタイムを継続する決断をしたからこそ、できる限り子供にストレスのないスタートを切れる準備をしようと考えました。
一番気になっていたこととして、通園していた保育園が学区外だったため、保育園の友達の中で同じ小学校に通う子がいない、ということがありました。
そこで、同じ小学校に通学する子と事前にお友達になれるようにと、入学前の休日に学区の公園に行き、お友達作りを試みたんです。
ただ、そんなにうまくはいかないですよね。
娘が「一緒に遊ぼう」と声を掛けたら、相手に「いやだー!」と走って逃げられてしまいました…。
勇気を振り絞って行動を起こした娘は、深く傷ついていましたね。
結局、友達がいない状況で小学校入学を迎えました。

実際に入学すると、子供のストレスについては心配しすぎるほどのことはなかった

事前準備に失敗したこともあり、ただ漠然と色々なことを心配していましたが…結論「どうもなかった」ですね。
小学校には顔見知りがいない状態でのデビューでしたが、登校中に出会った上の学年のお姉ちゃんがお世話してくれたことで安心できたり、クラスメイトに話しかけてもらえて自信がついたり。
親の心配をよそに、子どもなりに上手くやってるみたいです。

学校生活に慣れてくる中で、もちろん問題はでてきましたが、その都度対応してきました。
例えば、私が家に帰ると、奥の部屋で娘が一人しくしく泣いている日もありました。
そんな時は、
「泣いていても分からないから説明して。」
と伝え、何が辛いのか自分で説明させるようにしていました。
そういう事は何度かありましたので、その都度説明させるようにしていたら、だんだん自分から相談してくるようになってきましたね。
内容としては、
「お友達にこんなこと言われたから、もう学校・学童へ行きたくない。」
といった友達関係の悩みが主でした。
まずは私は介入せず、
「明日、その子にこんな風に言ってみたら?」
等のロールプレイングを繰り返していくうちに、自分で解決できるようになってきたようです。
いざという時は私から学校や学童の先生に相談するという切り札を残していますが、今のところは必要なさそうです。

生活リズムや学校行事対応の面では、当初は苦労も

入学から半年経った現在では特に苦労は感じていませんが、対応方法が定まって落ち着くまでは苦労しましたね。

■生活リズム

子どもの生活リズムが変わることで親の生活リズムが狂いました。
今思えば当たり前の話ですが、保育園時代は親の働く時間に合わせて子どもを動かせましたが、小学校に入ると子供は小学校の時間に合わせて行動します。この小学校の時間と私の仕事の時間が合わなかったのです。
朝は、両親共に7時半に家を出ないと間に合わないのですが、子どもが家を出るのは7時45分。
夕方は、私の帰宅時間が最速で18時半ですが、通っている学童は18時で閉館します。
そのため、どうしても朝と夕方にそれぞれ30分前後の時間、娘が家に一人でいる時間が生じます。
どうしたものかと悩みましたが、鍵をもたせ、留守番のルールを徹底させれば問題ないと判断。
帰りは途中まで同じ方向で一緒に帰れる子がいたことも安心材料になりました。
何か問題が出てくれば、ファミサポやキッズシッター等に依頼しようと思っていましたが、今のところ問題なくやっています。

■行事面

親が参加する行事が保育園時代よりも圧倒的に多いです。
まだPTA役員にはなっていないものの、共働き家庭にも容赦なくタスクが降りかかってきます。
例えば、朝の交通安全指導(旗振り)は、3カ月に1回程度回ってきます。
子どもの登校時間に通学路に立ち安全を呼びかける活動なので、その日は半日休暇を取得せざるを得ません。
PTA役員になった場合、ポジションによっては土日行事だけでなく平日の日中にも会議や準備があるようです。
学期に1回ある保護者会・授業参観には、小1の親はほぼ全員出席しているのが現状です。
なるべく私か夫どちらかが出席するようにしていますが、有給休暇が足りなくなってしまうので、割り切って欠席することもあります。
その場合は、事前に子どもに話して納得させています。

親ができることは子供の頑張りを応援し、家庭を安らぎの場にすること

幸運にも娘のクラスはとても落ち着いていて問題はあまりないのですが、隣のクラスは小1にして学級崩壊。
精神的に潰れてしまった担任の先生は学校を休みがちになっています。
こればっかりは仕方ないですね、所属するクラスは選べないので。こういうこともあり得るな、という心構えは常にしています。
親が出来ることとしては、子供が周りの環境に左右されないよう、自分の中に芯のあるマインドを作る手伝いをすることでしょうか。
あとは、子どもは毎日頑張っているので、家庭ではなるべく発散させてあげたいですね。

なかなか平日には家族の時間を捻出できないので、家族共通の趣味を作り、休日に家族時間を楽しめるように心がけています。
例えば、子どもを体操教室に通わせているのですが、私達夫婦は体操教室に併設されているトランポリンでダイエット。笑。
またスキーやゴルフに親しませ、それを目的とした旅行も計画しています。
子どもが反抗期に入ると「親と旅行なんか行かない。」となるらしいのですが、共通の趣味があるとそれが回避できると聞いたので。笑。
身体を動かすことで親子共に良いストレス発散になっています。

まとめ

保育園時代の延長では対応しきれなくなる小1の壁。
ただ、共働き家庭だからといって、ことさら悲観的に捉える必要はありません。
子供の心の安定と身の安全を第一に考える前提で、課題に一つ一つ正しく対処することで乗り越えられるものです。
家族の誰かのライフスタイルの変化に合わせて家庭のありようを変えるのは、子供の小学校入学に限ったことではありません。
Tさんのように、課題に対して前向きに取り組むことで、また新たな家族の関係が生まれるきっかけにもできるようです。


【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)