育休明け1ヶ月で退職したい!退職後の制度や転職についても解説

                   
※写真はすべてイメージです

育休明けに職場復帰をしたものの「育児と仕事の両立が思うようにいかない」「復帰後に希望する働き方ができなかった」といった経験はありませんか?育休明けの時期は様々な理由から、復帰後すぐに退職を考えるママも少なくありません。この記事は復職して1ヶ月程度働いてみたものの、「どうしても退職したい」または「退職しようか迷っている」といったワーママ向けの記事になっています。退職する場合の意向の伝え方や退職後に利用できる制度、転職活動の進め方などについて詳しく解説します。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

育休明け1ヶ月での退職は可能?

育休明けすぐの退職でも法律的には問題ない

復職後すぐに退職してしまった場合でも法律的には問題ありません。なかには「育児休業給付金をもらっていたのに復職後すぐに退職することはそもそも可能なのか」と不安に思われる方もいます。確かに育休は復職を前提とした制度ではありますが、一度復職しているため、特に問題はなく退職が可能です。また、育休中に退職を決意し、復職せずに退職してしまった場合でも、法律的には問題なく退職が可能で、退職日までに受け取った育児休業給付金についても返還を求められることはありません。ただし退職後は育児休業給付金は受給できなくなります。

育休明けすぐに退職する理由とは?

育休明けに退職する理由は人によって様々です。また一つの理由だけではなく複数の理由が重なって退職に踏み切るという方も少なくありません。一部にはなりますが、退職理由としては下記のような理由があります。

  • 時短勤務にしたものの残業などが多く実質的には時短勤務にできない
  • 上司や会社全体の育児に対する理解がない
  • 育休明けの配置換えにより希望していた仕事ができなくなった
  • 時短勤務になったことから重要な仕事から外されてしまった
  • 通勤時間が長く育児と仕事の両立が難しい
  • 両立の負担からママ自身が精神的・体調的に不安定になってしまった
  • 子供の体調不良が頻発し仕事を継続することが難しくなった
  • 妊娠が発覚した

>>関連記事:育休明けすぐの退職は可能?育休後の失業手当や転職の可能性など徹底解説

退職時に気を付けること

伝え方など職場の人への配慮が必要

育休明けに復職し1ヶ月~数ヶ月程の短期間で退職する場合は、周りの方への配慮が必要です。職場では復職後に仕事を続けてもらえる前提で、体制の準備や仕事の引継ぎなどを行っている場合が多いです。そのため、退職を伝える場合は以下の事に気を付けて、スムーズな退職を目指しましょう。

・退職意向が固まったらなるべく早く職場に伝える

基本的には会社の規定にのっとり、退職日の1~2ヶ月前には上司や人事に退職意向を伝えるようにしましょう。体調不良などやむを得ず急な退職が必要な場合を除いて、退職意向が固まったらなるべく早く伝えることが大切です。会社としても人員配置の見直しや業務の引継ぎなどの対応がスムーズになり負担が軽減されるでしょう。また繁忙期と重なる場合は上司と相談して退職時期を決めるといいですね。

・職場に対して否定的な退職理由を避ける

退職理由として、職場に対する不満などを伝えてしまうと心象が悪くなったり、場合によっては退職自体が難航する場合があります。仮に職場への不満があったとしても、家庭の事情やキャリアアップなど前向きな理由を伝えましょう。

>>関連記事:内定・退職手続きをしよう ​

退職後に活用できる制度や転職活動の進め方

失業手当を利用する

働く意志はあるものの仕事がすぐに見つからなかった場合、失業手当を受給することができます。失業手当の受給条件としては、退職する前の過去2年間のうち1年間雇用保険に加入していることなどがあります。またその間、次の仕事の為の転職活動を行えば、保育園も求職中という扱いになり、継続して利用できるケースが多いです。

失業手当は原則、離職日の翌日から1年以内に申請する必要がありますが、育児や妊娠・出産などを理由にすぐに働くことができない場合、失業手当の延長を申請することができます。その場合、受給期間が離職日の翌日から最大4年まで延長することが可能です。いずれの場合でも失業手当を希望する方は一度、最寄りのハローワークに問い合わせてみましょう。

転職活動の進め方

子育て中のママの転職活動には転職エージェントの活用がおすすめです。

特にワーママ専門のエージェントに相談すると、仕事と家庭のバランスがとりやすい会社をエージェント側でピックアップし提案してくれます。採用直後から時短勤務できる正社員の求人やリモートワーク対応の求人などを多数取り扱っているため、無理なく続けやすい職場に出会える確率が高まります。また履歴書の添削や面接対策なども無料で対応してもらえるため、転職活動に不安がある方はぜひ活用してみましょう。

>>関連記事: ワーママの転職を成功させるコツとは?失敗する人との違いも解説!

育休明け1ヶ月での退職は可能!制度や転職エージェントなどの活用も

記事内でも紹介した通り、復職後1ヶ月での退職であっても法律的には特に問題はありません。ただし退職をする際には、周りの方への配慮や感謝の気持ちを忘れず、お互い気持ちよく退職の日を迎えられるようにしましょう。また、退職後に失業手当をもらいながら転職活動をすることも可能です。転職に不安な場合はエージェントなども活用して後悔のない転職活動を進めましょう。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な正社員の求人をご紹介しています。リモートワークやフレックス制度の根付いている時短勤務の求人も増えてきていることから、育休復帰後の配置転換や職場の雰囲気に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者