リモート勤務のワーママの1日を紹介!リモート勤務は共働き家庭にメリットが多い

                   

近年、「リモート勤務」を導入し、オフィス以外での勤務を認める企業が増えてきています。「リモートワーク」、「テレワーク」、「ネット環境を用いた在宅勤務」など呼び方の違いはありますが、共通しているのはオフィス以外で勤務可能ということです。

特に子育て家庭において、出勤する必要がないリモート勤務は魅力的な働き方の一つです。しかし、まだまだ一般的に馴染みがなく、イメージがつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、子育て家庭におけるリモート勤務の利点をご紹介します。

リモート勤務とは

オフィスに出社せずに、自宅、またはカフェやコワーキングスペースなど好きな場所で仕事ができる勤務形態です。
業務はそれぞれ個人で進め、意思決定が必要な場面では対面でのミーティングの他、チャットアプリを活用したWeb会議を行うこともあります。また、完全なリモート勤務ではなく、
「週●日は出社、それ以外はリモート勤務」
とか
「定例会議は関係者が都合の良い場所に集まって実施」
といったように、出社や対面でのコミュニケーションの場を設けている場合もあります。

リモート勤務の一日

実際に、営業職のフルタイムでリモート勤務をされているワーママの一日をご紹介します。

  • 6:30  起床:身支度・洗濯干し・朝食作り・子供起床
  • 8:00  保育園送迎
  • 8:30  近くのカフェまたは自宅で勤務開始
  • 12:00  お昼休み:昼食(自宅勤務の場合は家事も。笑(洗濯物、夕食下ごしらえ等)
  • 13:00  午後の勤務開始、アポ先へ移動
  • 4:00  クライアント訪問、商談
  • 15:00  クライアント近くのカフェ、または保育園近くのカフェで作業
  • 17:30  勤務終了:保育園送迎
  • 18:00 帰宅:夕食作り・入浴・明日の保育園準備等
  • 21:30  就寝:子どもと共に

リモート勤務をするワーママの体験談

午前中、子供を保育園に送り出した後は、たいてい近所のカフェで今日の業務整理、前日夜までに来ていたメールやチャットへの対応、次回営業先に向けた企画書の作成など、デスクワークをこなしてしまいます。

朝は頭がすっきりしているし、通勤で疲れていないので集中力高く業務がこなせるように思います。午後は営業のアポが入ることも多いので、自宅の最寄り駅から直接アポイント先に向かいます。

クライアント訪問後は、すぐに作業したい場合はそのまま近くのカフェでやったり、帰宅ラッシュは避けたいので先に自宅近くに移動してやる場合もあります。前職では普通に8時~17時くらいでオフィスに出勤して仕事をしていたのですが、今思うと仕事上必ずしも行く必要がない日も多かったな、と思います。

大雨の日など、アポがなければ、保育園の送りでびしょ濡れになった服を着替えてから、終日自宅作業などもできるので、余計なストレスなく働けています。

子育て家庭におけるリモート勤務のメリット

特に時間制約のある子育て家庭に嬉しいのは、通勤時間が不要なこと。
保育園のお迎えの関係でどうしてもフルタイムは難しい、というご家庭もあると思いますが、通勤時間の往復2時間などを業務に充てられれば、勤務実働時間8時間をしっかり確保することができます。
また、うまくいけば、勤務時間の前後や昼休みも家事や育児に充てることができます。
オフィス勤務の場合によくある
「保育園送り時に子供が愚図って電車に乗り遅れ、出社時刻に間に合わない…」
「帰宅時に電車が遅延してお迎え時間に間に合うかヒヤヒヤ…」
などという精神的負担も軽減されますね。また、自宅近くで勤務をしていれば、子供の急な発熱や災害時の対応でも安心です。
保育園から連絡があった際に、発熱した子をずっと保育園で待たせることなくお迎えにいけますし、小児科があいている時間に滑り込める可能性も高まります。
また、災害の際に歩いて迎えに行かなくては、というときにも問題なく行くことができます。

リモート勤務に抱く懸念点

リモート勤務の良い面ばかりをお伝えしましたが、実際にそれを選択するとなった場合は、イメージがつきにくく、不安もありますよね。リモートワークの勤務先に転職する際などによく懸念される以下のような点について、実際にリモートワークをしている企業の方に聞いてみました。

就業開始した際、どのようにキャッチアップできるのか

Q:全員がリモート勤務の会社に入社する場合、通常は数日間Off-JT研修の場があったり、暫く先輩社員にべた付きでOJTの機会があったりしますが、リモートだとどのように業務のキャッチアップをすればよいでしょうか。

A:当社の場合、初日だけはPCの受け渡しや設定、チャットツールの使い方などをお伝えするために時間を設けていますが、翌日からはリモート勤務となります。
具体的な業務の内容については、オンラインで研修ツールやマニュアルを用意しているので、たいていのことはそれを見ればわかるようになっています。
また、チームメンバーや関係する社員とは、チャットツールを介して適宜やり取りや質問ができるので、そんなに困ることはないと思います。
会社によっては、「はじめの●か月はオフィス勤務で研修」というように、研修だけはオンサイトで進める場合もあるようですよ。また、業務のノウハウといった深い内容については、なかなかオンラインでは難しい場合も多いので、その場合は先輩社員の勤務場所に行って話を聞いたり、営業先などに同行させてもらったり、各自工夫してやっています。

対面でないと話しかけるタイミングが掴めず、質問などしにくいのではないか

Q:他の社員の方と顔を合わす機会が少ないと、話しかけにくくて、業務上の密なやり取りや相談、質問などを躊躇してしまいそうです。
また、業務をより良くするためのディスカッションなどもおきにくかったりしませんか。

A:当社では、社内チャットをフルに活用することで、業務上の会話はもちろん、積極的に業務に関係ない雑談も話すことで、同じオフィスで働いているかのようにコミュニケーションが取れていると思います。
逆にすべての会話がチャット上でオープンになっているので、電話や営業で席をはずしていたりしても、みんながどのようなことを話していたかのログが残っていて後から見ることもできるので、オフィスにいるときよりも情報が漏れなく取れる感覚すらあります。また、チャット上であれば、話しかけられても自分の都合が良いタイミングで返せば良いので、集中したいときなど自分でコントロールできて快適ですよ。
ただ、懸念されている通り、深い議論を伴うような内容などはチャットだと不向きなので、週に2回、午前中だけ全員集まる場を設けて、新事業のコンセプトや人事評価のフィード縛などの時間に使っています。
また、チームごとには、適宜対面やウェブ会議で打合せなどを行っており、必要なコミュニケーションを補えるように工夫しています。

Q:現在はマネージャーが自分の勤務状況を把握し、適宜業務の状況確認や振り分け、アドバイスをくれています。このような働き方はリモートでも機能するのでしょうか?

A:正直、自分から声を上げない限り、困っている状況に気づいてもらえることはほぼありません。
自らの領域をある程度責任を持ってまわせるスキルや、自分から必要な情報やアドバイスをもらいに行く意識がなければ、リモートワークには向かないと思います。
かなり自立的な方だけが選べる働き方、という側面はあると思います。

リモート勤務ができる職種

社内コミュニケーションツールの進化により、徐々にリモート勤務できる職種が増えています。エンジニアやデザイナー、ライター、データ入力や電話のオペレーター等がイメージしやすいですが、最近では、管理部門(人事、経理、総務など)や営業、マーケティング、カスタマーなど、幅広い職種でリモート勤務を導入する企業が増えています。

どちらかというと、職種よりも、自立的に業務がまわせるだけのスキルや意欲があれば、リモート勤務を選ぶことは現実的になってきているようです。

まとめ

今回、働き方の一つとしてリモート勤務をご紹介しました。具体的なリモート勤務の方法は企業によって様々でまだ発展途中ですが、従業員がより自由度高く効率的に時間を使えることを目的として導入されています。

特に子育て家庭にとっては、今まで通勤に費やしていた時間を育児の時間に充てられるリモート勤務は、家事・育児と仕事の両立がしやすくなる強い味方です。

ただ、反面、上司や先輩に業務管理してもらったり、声を上げなくてもアドバイスをもらったり、ということはしにくくなるため、ある程度業務を自己完結できるスキルと、高いプロフェッショナル意識がないと、パフォーマンスを出しにくく、これまで同様の成果につながらない可能性が高まります。

自己管理しながら自走して働ける自信がある方には、とてもメリットの多い仕組みであるといえますね。


【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)