ママが正社員として働き続けるメリットは?正社員になりやすい会社をチェックしよう!

                   

正社員として働くママにとって、「このまま働き続けられるのか?」「正社員でい続ける意味はあるのか?」という悩みは尽きないのではないでしょうか?正社員として働き続けるためには、正社員ならではのメリットを理解しておくことが大切です。

今回は、ママが正社員として働き続けるメリットについて解説します。今いる会社が「正社員として働きやすい会社」に当たるのかチェックしながら、今後のキャリアプランを立てていきましょう。

【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

ママが正社員として働き続けるメリット

ママが正社員として働き続けることは、家族にとっても自分にとってもさまざまなメリットをもたらします。下記では代表的なメリットについて、ひとつずつ解説します。

収入が増える

ママが正社員として働き続けることは、家庭の収入アップにつながります。パート・アルバイトなど非正規雇用として働くよりも、正社員の方が高い給料を期待できるでしょう。基本給のベースが高いだけでなく、手当金がついたり賞与があったり金額面でのメリットは大きいものです。

将来必要となる教育費用・マイホーム購入費用・老後にかかる費用を考えると、収入が多いに越したことはありません。習い事や部活などでお金がかかるようになる前に貯金しておこう、と考える家庭も多いです。

生活にゆとりを持つためにも、正社員を続けることはひとつの選択肢となります。

昇進・昇格が期待できる

正社員は定期的な人事査定があり、昇進・昇給が期待できます。パート・アルバイトでも昇給できる可能性がありますが、上がり幅が小さく、期待していたような収入が得られない可能性があるでしょう。正社員であれば働きに応じた給料をもらいやすく、収入アップにつながります。

また、昇進・昇給することは仕事のやりがいにもなるものです。自分が思うようなキャリアを描くためにも、挑戦できる環境はなるべく手放さない方がよいでしょう。

責任の高い仕事を任せてもらえる

正社員の場合、パート・アルバイトでは依頼されないような責任の高い仕事を任せてもらえます。重要なプロジェクトに参画したり社内システムや就業規則の変革に立ち合えたりすることも、正社員ならではの楽しみです。責任は増えますが、正社員だからこそ取り組める仕事に高いやりがいや充実感を覚える人は多いものです。

チャレンジ精神が旺盛な人や仕事の達成感を重視したい人は、正社員がおすすめです。

キャリアが続くため転職・再就職に有利

正社員として長くキャリアが続いた場合、転職・再就職にも有利です。企業にアピールできる実績・経験・スキルが身につき、希望の就職先から内定をもらえる確率が高まります。

反対に、一度パート・アルバイトになってしまうと後々正社員として復帰する際のハードルとなることが多いです。「本当は正社員として働きたいのに…」という思いを抱えたまま働くことになりかねません。

子育てが落ち着いたタイミングで正社員として再び働くことを検討している人は、正社員として働きつづけた方がよいでしょう。

保育園申請時の優先順位が上がる

正社員として働く場合、パート・アルバイトより就業の日数・時間数が長くなる傾向にあります。一定時間以上就労している人の保育必要性認定を高くしている市区町村は多く、保育園申請時の優先順位が上がるかもしれません。その分、「育休復帰のタイミングになっても預け先が見つからない」などのトラブルを避けやすくなります。

保育園激戦区と呼ばれるエリアでは、正社員でいることが大きなメリットとなることも多いのです。

ママでも正社員として働きやすい会社の共通項

ここからは、ママでも正社員として働きやすい会社に共通する要素を紹介します。まずは今の会社が下記のうちいくつの項目を満たしているか、チェックしてみましょう。

「正社員として働き続けられる環境ではない」と思ったときは、転職を検討してみることをおすすめします。

福利厚生が充実している会社

福利厚生が充実している会社は、ママだけでなくパパにも人気があります。なかには子育て世代向けの福利厚生に力を入れている会社も多く、子育て・家事・仕事の両立に貢献しています。

代表的な例として、下記のような福利厚生が挙げられます。

  • 子どもの体調不良時に利用できる「こども看護休暇」
  • 入学式・卒業式・運動会・発表会に利用できる「キッズデイ休暇」
  • 妊活に伴う通院を支援する「妊活休暇」
  • ベビーシッターや家事代行を割安で利用できる「サービス利用費補助」
  • 認可外保育園の利用料を支援する「認可外保育園補助」
  • 子どもが生まれたときに祝い金を支給する「出産祝い制度」
  • パパやママが働く姿を子どもが見学できる「ファミリーデイ」

福利厚生は会社ごとの特徴や社風が現われやすく、どこまで充実させるかも会社によってさまざまです。自社の福利厚生を改めて確認し、利用しやすいものがあるかチェックしてみましょう。

多様な働き方を認めている会社

多様な働き方を認めている会社にいると、保育園の送迎・通院・習い事の付き添いなどがしやすくなります。近年は働き方改革の一環として下記のような取り組みを始めている会社も多いです。

  • 自宅で働ける「テレワーク制度」
  • 出社・退社時間を調整できる「フレックスタイム制度」
  • 発熱時・登園禁止期間に子連れで在宅勤務できる「キッズ在宅制度」
  • 公休を増やした「週休3日制度」
  • 複数の部署で働ける「社内副業制度」

例えば、テレワークを利用することで通勤時間を短縮し、限られた時間でも効率よく働くママがいます。また、フレックスを使って日ごとに出社・退社時間を変え、家族と上手く保育園の送迎を分担しているママもいます。

自社でどんな働き方ができそうかシミュレーションし、無理なく正社員を続けられそうか検討してみましょう。

残業・休日出勤が少ない会社

残業・休日出勤が少ない会社の場合、予定が立てやすく子育てや家事と両立しやすくなります。毎日保育園に走らずとも、余裕を持って送迎することができるでしょう。休日は家族の時間として使えるため、レジャーや習い事の予定も入れやすくなります。

正社員はやりがいが多く任せられる仕事の幅が広い一方、ときに残業や休日出勤が発生しやすいことも事実です。

しかし、元から残業が少ない会社や3歳までの残業免除にこころよく対応してくれる会社もあるため、選択肢のひとつとして加えておきましょう。

土日・祝日が固定休の会社

土日・祝日が固定休である会社も、ママが働きやすい会社です。

認可保育園・認証保育園は、土日・祝日に保育をしていないことが多いです。万が一仕事を休めない場合、その日だけ別の認可外保育園もしくはベビーシッターの利用が不可欠となるでしょう。運動会・発表会・保護者会・入園式・卒園式が土日に開催される園も多く、仕事の都合がつかず残念な思いをすることがあるかもしれません。

土日・祝日が固定休であれば、シフトの調整で同僚に気を使うこともなくなります。仕事のストレスをひとつ減らすという意味でも、効果がありそうですね。

異動・転勤がない会社

異動・転勤がない会社であれば数年後のライフプランを立てやすく、大幅な環境変化をさせずに済むでしょう。単身赴任など家族がバラバラになることも避けられ、転園・転校など子どもに与える影響も減らせます。同じオフィスで長く正社員として働けば人間関係の構築もしやすく、ママ社員・パパ社員同士のコミュニティやサポートも生まれやすくなります。

人事配置については、必ずしも自分の希望が通るとは限りません。正社員である以上は人事命令は絶対である、と考えるのであれば、最初から異動・転勤のない会社を選択しておくのもよいでしょう。

ママ社員・パパ社員が多い会社

ママ社員・パパ社員など子育て中の社員が多い会社では、お互い助け合いの精神が築かれていることが多いです。子どもの体調不良時に仕事をカバーしあったり、運動会などのイベント時に休みをもらいやすかったりするでしょう。育児情報の交換や子育て中の困りごとを共有できることもあり、仕事以外のメリットも得られます。

今の会社に子育て中の社員が少ない場合、なかなか理解が得られず苦労することがあるかもしれません。子育てとの両立がしやすい社風か、改めて自社を振り返ってみましょう。

ママが正社員として転職する場合にするべきこと3つ

もし今の会社で正社員を続けることが難しい場合、別の会社に正社員として転職することがおすすめです。無理なく正社員として働ける環境を探している方や、正社員をあきらめたくない方は下記を参考に転職活動を始めましょう。

自分の強みを把握する

まずは、自分の強みを把握することが大切です。実務経験年数・対外的にアピールできる成果・保有している資格などをリストアップし、自己分析を進めておきましょう。過去に担当した仕事を棚卸ししたり、自分が得意な業務について考えたりすることも効果的です。

自分がどんな分野に強みを持っているか分かれば、転職先の選定がしやすくなります。また、入社後のミスマッチも防ぎ理想通りの働き方をかなえられることもメリットです。

転職先の優先順位をつける

自分が理想とする企業を探すためにも、転職先の優先順位をつけてみましょう。

例えば収入の高さやキャリアを重視したい場合、キャリアアップできる昇進・昇格制度がある会社や実力主義の人事評価をしている会社を選ぶとよいでしょう。スキル次第ではママ社員でも高い収入を得ることができるため、仕事に対するモチベーションも上がります。

反対に、子どもとの時間を持つことや家庭との両立しやすさを重視する場合、福利厚生や働き方の選択肢が多い会社を探すことがおすすめです。自分にとってちょうどいい働き方ができるため、ストレスなく長期的に正社員を続けやすくなります。

会社に何を求めるかは、人によって異なります。何を一番重視するか、自分なりの価値基準を持ってみることをおすすめします。

ママの転職に強いエージェントを頼る

転職をサポートしてくれるサービスは多数ありますが、なかでもママの転職に強いエージェントを頼ることが効果的です。ママの転職に強いエージェントであれば、時短勤務・フレックス・リモートワークなど多様な働き方を認めてくれる会社を優先的に紹介してもらえるでしょう。求人を出している会社の多くは子育てに理解があるため、入社後の働きやすさも期待できます。

また、エージェント自身も子育てに理解があることが多いです。今後予定している2人目・3人目の妊活など、一般的な転職エージェントにはためらわれる内容が含まれるキャリアプランも気兼ねなく相談できます。

頼れるパートナーを見つけ、転職を成功させていきましょう。

まとめ

正社員として働き続けることには、多くのメリットがあります。「ママだから」と正社員をあきらめる必要はありません。子育て社員にも活躍してもらいたい会社は増えてきているため、まずは理想的な職場に身を置きましょう。

今の会社が子育てとの両立が難しそうだと思う場合、正社員として転職できる会社を探すこともおすすめです。

リアルミーキャリアは、働くママでも正社員としてキャリアアップできるよう支援する転職エージェントです。今後のキャリアに不安がある方は、お気軽にご相談ください。

ワーママ専門の転職エージェント「リアルミーキャリア」では、入社すぐから時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な正社員の求人をご紹介しています。リモートワークやフレックス制度の根付いている時短勤務の求人も増えてきていることから、育休復帰後の配置転換や職場の雰囲気に悩むママからの相談も多数寄せられています。お気軽にご相談ください。

有給休暇の日数や残業の有無・時短勤務可能な子供の年齢、リモート勤務の可否など、細かい条件をあなたに代わって企業に確認します。子育てに理解のある会社で家庭も仕事も充実させませんか。


リモート勤務・フレックスなど
柔軟な働き方ができる企業をご紹介
 
【時短正社員転職の圧倒的実績!】
リアルミーキャリア(無料)

この記事の著者